《成約済》『福岡移住不動産vol.26』【糸島】海水浴場も徒歩圏内。糸島で貴重な賃貸一軒家。

オーナーの想い

こちらは祖父か曾祖父の時代に建ちました。母屋と倉庫は同じ時期に建ち、母屋が老朽化してきたので倉庫を母屋としてリフォームしたようです。敷地は広いので最大5人で住んでいた時期もあります。庭には柿がなるので干し柿を作ったりもできます。現状では雨漏りする箇所もあります。畳のたわみがあったりもするのでリフォームしないと厳しいかもしれません。

この芥屋地区は、悪く言えば田舎ですし、組に入らないと村八分になるような雰囲気はあります(笑)。でも良く言えば昔ながらの近所づきあいがまだあります。田舎暮らしにただ憧れているのではなく、田舎の良い所も悪い所も理解した上で田舎暮らしを満喫したいと考えている方が良いと思います。釣りやマリンスポーツされる方には海が近くて良いと思います。夏は海水浴ができます。あとは、自営業者の方が多いので田舎だけれど色々な方に出会えて面白いんじゃないかと思います。

移住不動産担当者の目線

どこにでもある静かな田舎町のように見えますが、そこは移住者や観光客からの人気も高い、糸島市の志摩芥屋。
オシャレな店が立ち並ぶエリアからも近く、SUNSET LIVEなどでも有名な芥屋海水浴場も徒歩圏内に位置するロケーションでありながら、地域でのローカルライフを送っていただける環境が整っているのは、糸島市の中でも数限られる希少なエリアです。

地域の集会所の目の前に位置する物件であり、また地域柄もあって、必然的に地域と関わりながら暮らしていただくことになります。そのため、都市部での生活のように、隣近所と積極的な関わらない暮らしを好まれる方にはオススメできないですが、一方で、地域との関わり、助け合いながら暮らしを作っていこうとされる方には、可能性のある物件だと感じています。

家自体が広いため、住みながら改修していくことができ、また、オーナーさんの意向により賃料を安価に設定いただいているので、福岡市や糸島市の市街地に住みながら、週末だけ通いながら時間をかけて改修することも可能です。

※植栽で分かりにくいですが、ワイドに伸びる瓦屋根が印象的な建物。草木を整えるだけでも雰囲気ある外観に。


※左奥がダイニング、右奥が和室のよくある昔ながらの間取りですが、間仕切りを変更することで、開放的な空間をつくることができます。


※日の光が差し込む風呂場は、改修することで心地いい贅沢な空間になるかも。
オーナーのお父様が書かれたという、まるで銭湯のような富士山の絵が印象的。


※敷地も広いので、糸島野菜を育てる畑や駐車スペースとしての利用など、様々な使い方ができます。

【物件概要】

取引:賃貸
賃料:25,000円
管理費:5,000円
間取り:4DK
面積:79.33m²※公簿
建物構造:木造
築年月:1968年12月
住所:福岡県糸島市志摩芥屋
昭和バス / 芥屋購買店停留所 徒歩3分
筑前前原駅より車で約20分
その他 -

\\3月17日現地ツアー//

こちらの記事でご紹介したように、「ジモト学」と連携した現地ツアーを3月17日(土)に開催します。ぜひご参加ください。

■概要
日時:3月17日(土) 13:00~17:00

会場:RISEUP KEYA(福岡県糸島市志摩芥屋1037−1)
https://itoshima-lifedesign.com/

プログラム(予定):
①糸島・芥屋エリアについて紹介(15分)
②地元住民による芥屋での暮らしトーク(20分)
③ジモト学ワークショップ(60分)
④ジモトまち歩き(60分)
⑤住まいの見学(30分)

料金:無料

申込み方法:ツアーは当サイトからお申込みいただけますので、
文末にある「問い合わせボタン」からお申込みください。
※その他の部分に当日ご参加される方の人数をご記入いただければと思います。

定員:10組 ※最小遂行組数2組

その他:車でお越しになられる方は、1組につき1台限りにてご協力お願いします。

"賃貸物件"の関連記事

keyboard_arrow_up