DSC_2090

住む

『福岡移住不動産 VOL.4』【平尾】かわいいネコとシェアする暮らし。家賃5.3万円

2015.8.24  

福岡移住不動産とは、物件と間取り図が大好物な編集部のメンバーが、移住者目線で、私たちが自らこれは住んでみたい!と思える物件及び、移住者の可能性を拡張してくれるお家を厳選取材し、お伝えするコーナーです。


ネコ好きスタッフが聞きつけた話題のシェアハウスへ。

近年、シェアする暮らしが増えてきております。シェアオフィスやシェアハウスなど、みんなで共有しながら暮らしていくことで、いろいろな価値観と触れることができ、自分自身の成長にもつながる可能性があることから人気なのかもしれません。

さらには“英語漬け”や“アニメ好き”のためのシェアハウスなどコンセプトの決まった物件も増えております。

そこで今回は福岡市南区にある“ネコと暮らせるシェアハウス”をご紹介します。
移住する上で地域コミュニティにいきなり飛び込むのはハードルが高いかもしれません。
しかしシェアハウスであれば共に生活する仲間ということで、コミュニティには入りやすくなるかもしれません。特にコンセプト型シェアハウスは共通の趣味が合うため、打ち解けやすさも早いと思います。

早速行ってきました。
DSC_2105

想像とは違った立派な門構えです。
こんな家に住んでいると言えばちょっぴり自慢になりますね。

玄関を開けてみると、お出迎えです!(背を向けながら)
DSC_2048

初対面の人にも余裕で背を向ける警戒心の無さ。
この自由な感じが大好きです!

このネコと暮らせるシェアハウス『Q邸』には全部で8部屋あり、そこに3匹のネコたちが暮らしています。
西鉄平尾駅から徒歩10分とアクセスの良さと周辺環境も良いことから、残り1部屋しか空いていないとのこと。
募集するお部屋は緑の多い綺麗なお庭が見渡せる角部屋です。
DSC_1980

部屋は洋室で7帖ほどの広さです。
エアコン、照明、収納付きベッドは常設しており、
その他共用部分での家具家電はほぼ揃っております。

DSC_1754

清潔感のあるお部屋です。日当たりも良く風通しも良いので、
心地の良い場所に集まってくる習性のあるネコにとっては最高の部屋かもしれません。(3匹とも独占かもしれませんよ。)

しかし時にはこういったことが起こるかもしれません。
仕事中、パソコンに乗り邪魔される。
DSC_1805

ですが怒ってはいけません。
これは働きすぎという忠告だと思いましょう。

逆にこんな目でベッドを占領されても怒ってはいけません。
DSC_1835

ぐーたらぜすに働きましょう!

シェアハウスのためキッチンは共用になります。
DSC_1881

こんな広いキッチンでみんなと料理を作り食卓を囲むなんて夢ですよね。にぎやかな雰囲気が想像できます。

さらにこれから秋の季節はこの縁側で団子を食べながらお月見もいいですね。
DSC_1998

癒しも設備も揃ってます。

この長い廊下は気持ちのいい日光があたるため、
ネコも自然と集まってくるのだとか。
DSC_1838

左側にあるのは共有スペースの和室の居間になります。
下の間取り図にもありますが、畳&こたつ&ネコ&みかんが揃えば、最高のリラックス空間になりますね。

可愛いイラストの間取り図はこちらです。
間取り

間取りを見ると浴室が1つとシャワールームが2つあります。
洗濯機も2つ設置されてました。
住む人が多いと順番待ちなどの問題もありそうですが、
この『Q邸』はそんな心配もご無用のようです。

周辺はのんびりした環境。

このエリアは天神にも出やすいため住宅が多い場所なのですが、近くにはこんな青果店もあります。
DSC_2124

昔ながらの雰囲気も少し残っている住宅街っていいですね。店主と話し込みながらレシピを考えるのも現代では少なくなっているので、新たな楽しみの一つになるかもしれません。

さらには開けた公園もあり、夏休み中の子どもたちのにぎやかな声も聞こえてきます。
DSC_2154

近くに緑があるというのは嬉しいですね。

まとめ

DSC_1742

日影で見えませんが股を大胆に広げて気持ち良く寝ています。
一緒に並んでひなたぼっこもいいですね。

・入居は9月から可能です。
・プライベート関係なくネコが部屋に入ってきます。
・駐車場はありません。
・詳しい住所は非公開とさせていただきます。
(内見等の場合にご案内)
※理由として稀に捨て猫を置いていってしまう事例があるため。

新しく生活するにはなにひとつ不自由がないと思います。
新生活を始める上での初期コストも下がり、普段一人暮らしではなかなかネコと暮らせるなんてないと思います。
(コストもかかります。)

この機会に念願のシェアハウス&ネコとの暮らしを実現させてみてはいかがでしょうか。

実際この物件に興味がある方は、下の問い合わせボタンをクリックして、編集部までご連絡ください。 この記事に関するお問合せはこちら

この記事が気に入ったら「いいね!」しよう。

Facebookページでは最新の情報をお届けします。

窪田 司
宮崎県えびの市出身。
雑誌「TURNS」、「九州ちくご元気計画」を経て、福岡移住計画の企画・運営を担当。