【ぼくらが連れて行きたい店vol.50(中の人編)】福岡のヒト・モノ・コトを好きになって帰ってほしい(STAND BY ME)

魅力的なお店、また行きたくなるお店って何だろう?
それは提供される商品(サービス)の質?もちろんそれもあると思います。でも“誰が手掛け、どんな想いやコンセプトでやっているのか。その人に会いたいから行く、その人が手掛けたお店だから行く”これが一番の動機になるのではないかと思うのです。
本コーナーでは単なるお店の紹介ではなく、“人”にフォーカスしてお店を紹介していきます。

※本コーナーの記念すべき50軒目ということで、2つの記事でご紹介します。1本目の記事はこちらからご覧ください。

個性の数だけファンが増える。

天神の中心部から歩いて約15分のエリア・大手門。ここに国内外を問わず多くの宿泊客で賑わうゲストハウスがあります。それが「泊まれる立ち飲み屋」をコンセプトに2017年6月にオープンした『STAND BY ME』です。

1階に立ち飲みスタンド、2階・3階に共有スペースと宿泊施設がある縦型のスタイリッシュな外観。都会的かつキレイな施設に安く泊まれるなんてお得感がありますね。

今回はSTAND BY MEを内側から探ろうと、村山さん、古賀さん、下堂園さんの3人にお話をうかがいました。
見た目から個性的でラフな空気感…ですが、みなさんとても丁寧で物腰やわらか。
初めて来店するお一人さまも溶け込みやすいはず。
旅行サイトに寄せられる口コミも、ほとんどがスタッフの親しみやすさを評価する声、というのも頷けます。

▲左:下堂園さん、中央:村山さん、右:古賀さん

――服装も髪型もそれぞれ個性があって…すごく自由な印象を受けました。

古賀さん:そうですね、みんな個性的でキャラが被らないです。それがこのお店のいいところですね。

村山さん:現場(店)のことは店に立つ僕たちの判断に任せてくれるから、企画も立てやすいし、雇われているっていうより好きなことを仕事にしてるって感覚です。

下堂園さん:自分のやりたいことをやってキラキラしている人が集まってますよね。

――どんなところが入社の決め手になりましたか?

古賀さん:代表の貞末が掲げている「大好きな人と大好きな場所で大好きなことをする」とか「何をやるかより、誰とやるかを大切にする」というモットーが好きで、純粋に面白そうだなと思ったからですね。

――なるほど!村山さんと下堂園さんはどうですか?

村山さん:僕は地元・福岡にこだわって就活していたので、福岡を盛り上げようという会社の姿勢に共感して入社を決めました。

下堂園さん:私は、ゲストハウスに関わる仕事がしたくて、実際に泊まりにきて楽しかったところに決めた感じです。空間を共有することで、社長も外国人も、立場に関係なくフラットに話せるのがいいなと思いました。

村山さん:ね、想いもバラバラでしょ?でも、これがお客さんにウケるんですよ。

古賀さん:スタッフ一人ひとりにファンがつくことで、お店がより一層盛り上がっている気がしますね!

――お客さんの満足度を上げるために大切にしていることはありますか?

古賀さん:リピーターを増やすために大切にしているのは、名前を呼ぶことです。
オーダー用紙にニックネームを書く欄があって、そこに書いていただいた名前でお呼びしています。

下堂園さん:お酒や食べ物を運ぶときに「はい、○○さんどうぞ」と声をかけたりもしますね。名前で呼ぶと心の距離がグッと近づくので、また来てもらいやすくなるんです。

村山さん:あとは、玄関までのお見送りも必ずしてますね。「また来てほしい」って気持ちを込めて。

――週に1回はイベントも開催してるんですよね?

村山さん:そうなんです。毎週火曜日には「友達つくらNight」というイベントがあって、それを目当てに立ち飲みスペースに来てくださるお客さんも多いですね。

古賀さん:ほとんどが仕事帰りのご近所さんなんですが、20〜50代まで幅広い層の方と知り合えますよ!特に、転勤してきたばかりで福岡に友達がいないとか、美味しいお店を知らないという方にオススメです。お客さん同士での情報交換が盛んなので、福岡について詳しくなれますよ!

村山さん:たまーに、イベントで仲良くなった方同士が、次に来た時にはカップルになっていた、なーんてこともあります(笑)。

――そんなこともありなんですか?

村山さん:ありですね。代表の貞末も「いいじゃん、いいじゃん」と面白がっています(笑)。


▷▷next page

あの店の味をSTAND BY MEで。

1 2

"暮らしのこと"の関連記事

keyboard_arrow_up