【ママとこどもの良い暮らし】こどもを連れて行ける、大人のための満足空間を。清川のイタリアン&カフェ(清川SALON)

仕切り空間からうまれる居心地。お店づくりのひと工夫


—それにしても先ほどの改装前写真からずいぶんリノベーションされましたね。雰囲気ががらりと変わったおしゃれな空間です。

しのぶさん:ありがとうございます。プランは借りたときから頭にあって、ここをアーチにして、壁がこの色で…って絵が頭にありました。私もずいぶん壁や天井を塗ったりしたんですよ。

しのぶさん:この仕切られた空間を活かせるのは、ご予約の段階からお客様同士が快適に過ごす工夫ができることです。
例えば、お子様連れの方同士なら同じ空間にさせていただくことでお互いに気兼ねしないし、一般のお客様のなかにお子様の声や様子が気になってしまう方がいたとしても、違う空間だから「可愛い声が聞こえてくるね」くらいで特に気にされる方もいないようです。席を余裕もって配置していることもあって、皆さんにゆっくりしていただけてます。

—なるほど。お互いにとって良い環境を工夫して作っているんですね。子連れで利用する立場としては、助かります。

しのぶさん:置いている大きなすべり台や遊具は、誰から見ても“お子様連れOK”のサインなんです。だから、本当に気兼ねしなくていいんですよ。こどもがいると選ぶお店の雰囲気とかも変わっちゃうじゃないですか。でも、産む前はお店選びを楽しんでたこともあったはず。そのころと同じ感覚で諦めず来てもらえるかなって。

親子そろって、こころもお腹も満たされる絶品イタリアンを。

ランチでいただく本格的なイタリアンの美味しさにもびっくりします。料理は化学調味料不使用、できるだけ地産地消で、という素材へのこだわりぶり。しのぶさんとは家族ぐるみでのお付き合いという東シェフに、おすすめの一品を聞きました。

東シェフ:ランチで圧倒的に人気なのは“羊のハンバーグ”です。羊の肉ってクセがあって敬遠されがちなのを、スパイスをきかせることでクセをなくし、食べやすくしました。他のお肉よりヘルシーで食べごたえもあり、女性に一番人気なんですよ。

▲羊のハンバーグランチ メインの他スープ、サラダ、天然酵母バゲット、1ドリンク付 1,200円

東シェフ:お子様向けにはライスコロッケプレートをご用意しています。うちのは、よくある(唐揚げ、ポテト!みたいな)お子様ランチ的なものではないですが、すべて手間をかけ手作りにこだわって提供しています。特にうちの子も大好きなライスコロッケは食べやすいとご好評いただいてるんですよ。帰りに笑顔でごちそうさま、を言ってくれると嬉しい気持ちになります。

▲お子様プレートはライスコロッケ、ポテトサラダ、スープ、1ドリンク付で500円

—お子様の年齢によって選択できるセットに「天然酵母バゲット、スープ、1ドリンク付300円」もありました。普段食べ慣れている柔らかいパンではなく、あえてバゲットにしてあるのには理由があるのですか?

東シェフ:ヨーロッパでは伝統的にこどもが生後8ヶ月くらいから、バゲットをちょっと長めにちぎってあげているんだそうです。そうすることで、歯が丈夫な子に育つと考えられているんですよ。固いバゲットを食べられるのかと心配になってしまうかもしれませんが、実は赤ちゃんはバゲットを舐め、歯茎で食いちぎり、しっかりと飲み込みことができるんです。

ご夫婦の結婚記念日や誕生日のディナーにとお子様連れで来られる方も多いとか。こんな雰囲気のなかコース料理なんていうのも、素敵ですよね。

「ぼくがおっきくなったら、りょうりをつくってあげる」

—しのぶさんはプライベートでは5歳になる男の子のママ。ご家族との過ごし方について教えてください。

しのぶさん:息子は仮面ライダー大好き、やんちゃ盛りな5歳です。生まれてから2歳くらいまではずっと一緒にお店にいて私の働く様子を見ているので、「ママはお店をしている」ってことを彼なりに理解していて。最近では「ぼくがおおきくなったらりょうりをつくってあげる」って頼もしい言葉も言ってくれるようになりました(笑)。でも夜営業もしている分、ママと一緒にいる時間が短いし、さみしい気持ちもあるんだろうなと思います。

しのぶさん:実はね、清川SALONは、昨年から日曜定休とさせていただいてるんです。お店としては営業したいところなんですけど、今は思い切って“こどもと一緒に過ごす日”に。日曜は私の母もいるし、イベントに行ったり家族みんなで鍋を囲んだりできる。息子とそんな“休日らしい過ごし方”を一緒にすると決めてからは、「次の日曜は何をしようかな」と休みが待ち遠しく思えて(笑)、仕事をもっと頑張れるようになりました。

—最後に清川SALONのこれからを教えてください。

しのぶさん:新しく何かをやるというよりも、ここで変わらずいつもおいしいお食事を用意して、お子様連れのお客様もそうじゃないお客様にも癒しになるような優しい時間を過ごしていただく―そういう場所であり続けたいと思っています。

清川SALONの「SALON」という言葉には“社交場”という意味があるそうです。こどもがいる風景が当たり前、という前提で大人もこどももいろんな人が入りまじり、それぞれに良い時間を過ごせる―そんな清川の“社交場”になれたら。想いはとてもシンプルなもの。
こどもたちが遊ぶなか、おいしい料理に舌鼓。ランチやディナーはもちろん、お買い物を楽しんだり、時にはバースペースで大人な時間を過ごしたりも。

大きなすべり台は「大丈夫、いいんだよ」ってメッセージ。
「たとえこどもと一緒だって、大人があたりまえに素敵な時間を過ごしてもいいんじゃない?」と話すしのぶさんの笑顔に、いつしか子連れでの外食を窮屈に感じるようになっていた、私の心のコリがすうっと消えていくような気がしました。

【清川SALON】
福岡市中央区清川2-6-4 F.garage1F
TEL 092-285-3057
営業時間 11:30~26:00(L.O 25:00)
・ランチ(~14:00)
・カフェタイム(14:00~18:00)
・ディナー(18:00~)
定休日:日曜日/第1、第3月曜日
駐車場:近隣パーキングをご利用ください
最寄駅:渡辺通り駅より徒歩8分。西鉄バス「柳橋」下車徒歩5分

1 2

"暮らしのこと"の関連記事

keyboard_arrow_up