【開催レポート】大企業からの転身者に学ぶ“はじめた人のはじめ方”

私たち福岡移住計画が西日本鉄道さんと共同運営するシェアオフィス「HOOD天神」で、月に一度開催しているイベント「はじめた人のはじめ方」のレポートを掲載していきます。

8月9日(金)19:30〜に「はじめた人のはじめ方〜大企業からの転身編〜」と題して開催しました。当日は約30名の皆様にお越しいただき、ともに「はじめ方」について考える時間を過ごすことができました。
「はじめた人のはじめ方」は、まちを素敵にする“はじめた人”と、これから何かを“はじめたい”と感じている方とを“つなぐ”イベントです。
そんなイベントを福岡の中心にある天神から発信をすることで、福岡で自分らしく何かをはじめる人を応援できたらと思っています。

今回はゲストに、糸島で学生寮「熱風寮」 やゲストハウス「糸結」 を運営しながらまちの場づくりに尽力されている 大堂良太 さんと、屋外映画イベント「いとシネマ」を立ち上げたり、自治体と連携し地域の取 り組みを行なっている福島良治 さんを迎え、福岡移住計画の不動産部門を担当している 鎌苅竜也 とのトークセッション形式で、「はじめ方」について考えを深めていきました。

せっかくなので、今回もトークショーの内容の一部を
記事でもご紹介したいと思います。
「何かをはじめたいな」
「はじめたいけど何からはじめれば良いか分からない」
と思っている方にこそ、ぜひ読んでいただけると嬉しいです。

人との繋がりから紡ぐ

鎌苅:今日はよろしくお願いします!今回は「大企業からの転身」がテーマということなんですが、せっかくなので、普段のトークイベントでは聞けないようなぶっちゃけ話なんかも聞けたらと思います。早速ですが、まずは現在の活動について教えてください。

大堂さん:現在は、糸島で様々な地域の場づくりをさせてもらっているんですが、その1つが学生寮の運営です。明治時代に建てられた建物には箪笥階段があって、昔ながらの雰囲気が残っていたり、あとはオーナーさんが多読家で自分の本を読んでいいよということで、5,000冊くらい蔵書されていたり、地域の子どもに九大生が寺子屋みたいに勉強を教えていたりとか、それぞれの寮でコンセプトが違ったりします。
あとは、地域でカフェをやっていたり、福島さんとやっている「糸島よかとこラボ」っていうコワーキングスペースをしていたり。今日は、そのデザインとかロゴを手がけてくれたデザイナーさんも来ていただいているんですけど、、。こんな感じで、寮から始まって「九大×糸島」とか交流スペースという形で、いろんな人と楽しく場づくりやってます。


鎌苅:はい、ありがとうございます。詳しいところはこのあとお話いただくことになると思うので、一旦次は福島さんにバトンタッチをしたいと思います。福島さん、お願いします。

福島さん:福島と申します。今回は大企業からの転身編ということで、前職からの流れを簡単に自己紹介の中に入れながら紹介させていただきます。
今回、大企業からの転身というタイトルなんですけど、実は僕が入社した時、楽天は全然大企業ではなくて、母親には反対されました。なので、大企業だからというよりかは、これからいろんなことにチャレンジできそうという希望を持って、入社したという経緯でしたね。それから10年半勤めたあとに、東日本大震災もあって暮らしを考え直した時に、福岡に住みたいと思って、家族揃って移住をしてきました。
現在何をやっているかというと、ライスワーク(飯を食うタネ)としては、楽天時代の経験を生かして色んな企業に対してのWEBマーケティングのサポートとかコンサルティングのようなことをさせてもらっています。
あとは、地域でやる活動が楽しくて糸島での活動を面白がってやっています。
例えば、糸島で面白い人たちが集まれたらいいなと思って、「いと会」という月に一度の集まりを企画したり、そこで出会った人たちと「いとシネマ」っていう屋外でやる映画イベントをしたりしてます。
これは映画館がない糸島で、糸島ならではの綺麗な星空の下で風を感じながら、糸島の食を楽しみながら、子どもにも映画館の体験を伝えたいというイベントを、やりたいメンバーで集まってやっていますね。そこから派生して、本当に色んな活動をさせてもらえるようになりましたね。


鎌苅:ありがとうございます。僕からは簡単に自己紹介をさせてもらいます。鎌苅竜也と申します。大阪の生まれでして、福岡に来たのは2016年です。このHOODを運営しているのが、福岡移住計画というメディアを運営しているスマートデザインアソシエーションという会社なんですけど、そこの不動産部門の責任者をやっています。私は、東急不動産という会社に以前いまして、不動産ディベロッパーとしてまちづくりとか都市計画というようなことをやっていました。
現在は、こういうHOOD天神のような場所を作り出すことをやっていて、ここは西鉄さんと一緒にさせてもらっているんですが、あとは福岡銀行さんと一緒に別の働く場所を開発したりだとか。企業や個人が持っている使わなくなった不動産にいかに価値をつけていくみたいなことをやっているのが私の仕事です。

鎌苅:さて、早速質問に入っていきたいと思いますが、まずは今の活動に至ったきっかけをもう少し詳しく聞かせてもらえますか?大堂さん、いかがでしょう?

大堂さん:僕は、熊本出身で大学も九州だったので、いずれ九州に戻ってきたいと思っていました。大学時代の仲間と「40歳になったら、それぞれの活動をやっていると思うけど、みんなで九州を盛り上げる会社をつくろう」って言っていたことが、大きなきっかけだったかもしれないと思います。
学生寮やりたいというのは、決めていなかったですが、「九州に住みたい」「九州を盛り上げたい」という思いが漠然とありましたね。

鎌苅:なるほど。場所とかエリアが先行したということなんですね。そういう意味で言うと、先ほどの福島さんのお話の中でも暮らしたいまちという観点は出ましたよね。

福島さん:そうですね。僕は九州の人ではないんですけど、今の活動のきっかけを遡ると移住したことが大きかったと思います。移住のきっかけは、東日本大震災で。今後の人生を考え直したというところですかね。さらにその1年後くらいに父が他界したこともあって、今後子どもを育てていく上で育てる環境や自分のこれからの人生を考え直した時に移住するという決断をしました。
そんなことで、移住した福岡で今の活動に至ったきっかけは、やっぱり仲間との出会いだったように思います。「いと会」で出会った仲間が本当に魅力的で、自分一人では何もできないけど、そんな素敵な方々と話していると「これやっちゃおうよ!」「やってみよう!」と話が進むことが多かったですね。

鎌苅:なるほど。やっぱりその場で出会う人から繋がっていったんですかね。

大堂さん:そうですね。僕も学生時代学生寮に住んでいて、その居心地のよさとか、そこで悩んだ時にその場の人に励まされたりした原体験があって、そこで出会った人や体験したことがあったから「学生寮」という場づくりに繋がっていたのかもしれないですね。

鎌苅:東日本大震災とか、東京での暮らしとかの中できっと同じような体験をしている人はたくさんいるはずですが、その体験から「暮らしを考え直す」とか「移住を決断する」という行動を選択をしたことにもポイントがあるような気がします。きっとそこを話すと長くなりそうだなと思いますが、次の質問は、その選択のポイントにも近い質問をさせてもらおうと思います。

▷▷next page

違和感に気づく

1 2

"レポート"の関連記事

keyboard_arrow_up