【SALTな人vol.1】人との繋がりが、フリーランスとして生きる力を育ててくれた。

2015年4月、福岡市西区今宿に誕生した海辺のシェアオフィス『SALT』。このシェアオフィスは、私たち「福岡移住計画」が運営しています。オープンしてから4年が経過し、『SALT』にはどのような方々が入居し、日々空間を共有しているのか。シリーズ「SALTな人」では、利用者の視点から『SALT』という場のリアルについてお話を伺います。

今回のインタビューでは、地元福岡出身のビデオグラファー兼フォトグラファーの小金丸和晃(こがねまる かずあき)さんにお話を伺いました。SALT入居歴4年以上の古株で、SALT関連の撮影の仕事にも数多く携わってくださっています。

たくさんの人と繋がれる場所がほしかった

ー今回から『SALT』内で働く人を紹介していきたいと思っています。丸さん(小金丸さんの愛称)は記念すべき第一号になりますが、まずは自己紹介と、お仕事内容を教えていただけますでしょうか?

出身は糸島市の前原です。高校卒業後は福岡大学の工学部に進学し、現在は福岡市内に暮らしています。
仕事はビデオグラファー兼フォトグラファー。フリーとして独立して今年で6年目になりますね。企業の採用活動や商品プロモーションなど広告関連の撮影・編集を手がけています。

ー工学部から映像や写真の世界、と聞くと少し遠い存在のように感じますが、現在のお仕事を始めたきっかけは何だったのでしょうか?

元々デザインすることが好きで、学部の勉強とは関係ない大学主催の広告講座に参加したりして。独学で身につけたフォトショップやイラストレーターを使って制作をしていました。何かを作りだすことが好きな気持ちは今も変わっていないですね。それから、単純に手に職をつけたいという思いもあり、ブライダル関連の制作会社でアルバイトしていました。初めてカメラを持たせてもらったのもその会社でした。最初から映像や写真をやっていこうと決めたのではなく、好きを追いかけていったらそうなったという順番ですね。当時学んでいたデザインは映像制作の場面に活きていますし。

ーまさに「好きを仕事に」されたパターンですね。素敵です!SALTが出来て間もない時期にSALTに入居されていますが、なぜシェアオフィスでお仕事をしようと思ったのでしょうか? SALTを選ばれた経緯も教えてください。

初めて見学にきたのは2015年で、独立して半年くらいたった頃です。家では仕事が捗らず、そろそろオフィスが欲しいな…と色々検討していました。
それを知ったグラフィックデザイナーの友人が「今宿にシェアオフィスがオープンしたよ!」とSALTを紹介してくれて、一緒に見学にきたのがきっかけです。
あの頃はまだワンフロアのみの営業でしたよね。今では一緒にSUP(*サーフボードの上に立ち、パドルを漕いで水面を進んでいくアクティビティ)を楽しむほどの仲になったSALTのスタッフが熱心に対応してくれたのを覚えています。見学してすぐに入居を決めました。

▲当時のSALT3F

ー見学後すぐに入居されたんですね。入居への迷いはなかったですか?

そうですね。当時シェアオフィスはこの辺ではまだめずらしかったので。オフィス機能としての利用価値もですけど、僕は純粋に“人との繋がりが欲しい”という思いからSALTを選びました。

ー人との繋がりを求めてSALTに入居を決められたんですね。“繋がり”はSALTが大切にしていることの一つなのでそういっていただけて嬉しいです。ちなみにSALTに入居する前はどちらでお仕事されていたのでしょうか?

先ほどお話したブライダル関連の映像制作会社に大学卒業後も所属し、カメラマン・編集者として約5年間経験を積んだ後に独立しました。

ーしっかりと経験を積まれてからの独立だったんですね。

いやいや、これだけ聞くと自然な流れでステップを踏んでいるように聞こえるんですが、僕の場合そうでもなくて。
独立する前って普通は独立後にスムーズに仕事するために人脈作ったりとかオフィス探したりとか準備するじゃないですか? でも僕はほとんど何も準備せずに、なんとかなるだろう!って勢いで独立しちゃって(笑)。独立当初は撮影機材すら持っていないという有様で…。
なので独立してから仕事環境や繋がりなどを一から作りはじめました。その一つがSALTに入居したことです。

ーええー!機材も無しで!?それは思い切りましたね。人脈なしからのスタートだったとのことですが、SALTに入居されて期待していた繋がりはできましたか?

そうですね。SALTには県内外の方が出入りしますし、様々な業種の方と知り合う機会も増えて刺激や新しい知識を得るきっかけになりましたね。仕事に繋がった出会いもこれまでたくさんありましたし。
正直な話をすると、最初の数ヶ月は独立したてだったこともあり、SALTの賃料を払うのがやっとでしたけどね(笑)。
でも入居を決めた同時期に、広告スタジオの仕事を任せてもらえることになったりして、少しずつですけど繋がりができて仕事でも良い流れが来るようになりました。
SALT関係者から仕事を依頼してもらえることもあるし、入居者同士で仕事をする機会にも恵まれて、SALTに入居したことは間違いなく追い風になりましたね。

▷▷next page

「余白」を楽しめる場所

1 2

"SALT"の関連記事

keyboard_arrow_up