【12月16日開催】福岡の伝統工芸と事業承継を考えつなぐセミナー開催@東京

伝統工芸と事業承継

福岡県主催の『ふくおかよかとこ移住セミナー』は毎回さまざまなテーマで開催されております。12月16日(日)に開催されるテーマは「福岡の技を引き継ぐ〜福岡の伝統工芸と事業承継〜」。

先日こちらの記事でも紹介しましたが、今年は福岡県で30年ぶりとなる「伝統的工芸品月間国民会議 全国大会(KOUGEI EXPO IN FUKUOKA)」が開催されたこともあり、改めて伝統工芸に注目が集まっております。

しかしながら、この伝統工芸を手がける事業者はいま「継ぎ手不足」という課題に直面しております。
福岡県内には小石原焼、久留米絣、博多人形、八女提灯などさまざまな伝統工芸があり、メディアからの注目や先進的な取り組みで注目されておりますが、「継ぎ手不足」は他県と同様、課題としてあります。

そこで今回は伝統産業で職人として働きたい方と「継ぎ手不足」の事業者をつなぐきっかけとなるように、現役の職人さんと福岡県事業引継ぎ支援センターのみなさんを招いたセミナーとなっています。

現役職人として久留米絣織元である下川織物の下川強臓氏が登壇されます。

このような場に現役の職人さんが登壇されるのは珍しいかと思いますので、ぜひこの機会に職人の世界について触れてみるのはいかがでしょうか。その他にも伝統工芸に関わりたいという方や、起業したいけど、何から始めたら良いか分からないという方は福岡県事業引継ぎ支援センターのみなさんのお話も参考になると思いますので、ぜひ足をお運びください。

===================
【概要】
《日時》2018年12月16日(日) 13:00〜14:30(受付12:30〜)

《会場》ふるさと回帰支援センター
(東京都千代田区有楽町2-10-1東京交通会館8階)

《タイムスケジュール》
12:30〜    受付開始
13:00〜 開会
13:05〜 福岡県の伝統工芸
13:10〜 職人が語る伝統工芸
13:40〜 先輩移住者インタビュー
13:45〜 福岡県事業引継ぎ支援センターのご紹介
14:00〜 住みたか会員紹介・今後のセミナー案内
14:10〜 個別相談会(移住・事業承継)、下川さんとの座談会
14:30〜    閉会

《定員》30名(予約優先)

《参加費》無料

《お申込み》お申込みは下記のチラシをご確認ください。

"東京イベント"の関連記事

keyboard_arrow_up