『福岡移住不動産vol.25』【うきは市吉井町】注目エリアで住居もゲストハウスも飲食も活かし方はあなた次第(売買1,980万円)

移住地としてじわじわ人気のうきは市

前回に続き、福岡県の県南部に位置するうきは市の物件をご紹介。福岡市内から車で約1時間程度の距離に位置する、稜線がきれない耳納連山の麓に広がる、風光明媚な町です。
農業にやさしい地形、絶妙な気温バランス、作物が健全に育つ土壌、水質など、フランスのサイン産地ボルドーやアルザスとよく似た日本でもめずらしい地質・地形をしていることから、いちごや桃、ブルーベリー、ぶどう、梨、柿、イチジク、キウイ・・・と四季折々のフルーツが実り、1年中収穫できることから「フルーツ王国」との異名も持ちます。

中でも、市内中心部に広がる白壁土蔵づくりの歴史的建造物が残る吉井エリアは、白壁のきれいな町並みが残っており、観光スポットとして有名であり、住宅や店舗として活用する移住者も増加しており、20−30代を中心に移住地としての人気が高まっています。

「気持ちよさ」にこだわった住まい

依頼主である古賀さんのおじいさまの時代に建てられた建物はもちろんのこと、庭も含めて大変立派な物件。当時、おじいさまは「気持ちの良い空間を創りたい」と建築家にお願いしたそう。

−広い庭に立派な日本家屋、最近では貴重な物件かと思いますが、なぜ売却することになったのでしょうか?

古賀さん:「祖父母が住んでいましたが、他界し、いま私は東京で働いています。生前、祖母の介護のため、週末はうきはに戻り介護をしていましたが、いまでは物件に立ち寄る機会がなくなってしまいました。そんな中、福岡移住計画さんが開催していたイベントに参加させていただき、福岡移住計画さんであればこれからのご家族とご縁が繋げていただけるんじゃないかと思い、物件について相談しました」

−ありがとうございます。それにしてもまるで高級旅館のような建物ですね。

古賀さん:「建物の細かな意匠や快適性にはこだわって造っていますね。建物だけでなく、庭にもこだわっています。丁寧な計画のもと、様々な木々が植えられており、家にいながら四季を感じることができます。庭が広いので、畑作業なども楽しむことができます」




−土壌・水質の豊かなうきはだから、いい作物が育ちそうですね。これからこの家や地域に暮らす人にとって、どのような点がおすすめですか?

古賀さん:「空気が新鮮で、静かな環境ですね。少し足を伸ばせば、温泉もあり心身ともにリラックスできます。新鮮な空気を吸って、人生を「リセット」したい方に適した物件だと思います」

−私たちは売主さんに安心して物件を次の方に引き継いでいただくために、売主・買主の関係性を重視しています。どのような方に引き継いでいただきたいですか?

古賀さん:「広い土地で、自然に触れて子育てしてみたい夫婦にはピッタリだと思います。庭で農作業、キャンプなどして都会とは違った体験ができます。国道沿いなので、駐車スペースを設けて、自営業を行うのもよいのではないでしょうか」

庭を眺められる2間続きの立派な和室は、そのまま使ってもよし、リビングや事務所・お店としても使えそう。


キッチンはよく見る一般的なタイプ。和室に続き、キッチン・ダイニングスペースも広いため、自在にアレンジして利用可能。改修すればシェアハウスなどの大人数での利用も。

建物は南向きで、気持ちの良い光が差し込んできます。縁側に腰をかけてもゆっくりするもよし、テーブル・椅子を並べてお茶もいいですね。

エントランスには四季折々の木々。撮影時は紅葉がきれいに色付いていました。

いかがでしたでしょうか。住居としてはもちろんですが、福岡市内からも車で約1時間のアクセス、観光資源が豊富で、移住者も増えているうきは市だからこそ、改修することで飲食店、シェアハウスや宿泊施設など、様々な活用が期待できます。
※購入後の改修についても、福岡移住計画にてサポートさせていただきます。

間取り図はこちらです。

 

物件概要
価格 1,980万円
間取り 5DK
土地面積 1089.38m²(公簿)
建物面積 173.81m²
建物構造 木造
築年月 1976年5月
住所 福岡県うきは市吉井町
交通 JR久大本線 / 筑後吉井駅 徒歩21分
西鉄バス / 竹重停留所 徒歩2分
その他 -

"売買物件"の関連記事

keyboard_arrow_up