DSC_0175

住む

『福岡移住不動産VOL.17』【糸島】都心から車で30分の好立地にある、自然に囲まれた別荘地の戸建て。綺麗でコンパクトな2LDKに菜園と温泉つき!売買1,340万円

2016.2.29  

福岡移住不動産とは、物件と間取り図が大好物な編集部のメンバーが、移住者目線で、私たちが自らこれは住んでみたい!と思える物件及び、移住者の可能性を拡張してくれるお家を厳選取材し、お伝えするコーナーです。


自然に囲まれた森の街『雷山の森』にある家

「自然に囲まれて、のんびり暮らしたい」一度はそんな夢を抱いたことがありませんか? でも現実的に仕事は辞められないし、都会の暮らしに慣れているので田舎暮らしができるか不安…。そんな方の理想を叶える住まいが福岡市からほど近い場所にあると聞いて、いざ取材へ!

やって来たのは福岡県糸島市、背振山系の中腹に位置する「雷山の森」。豊かな自然に囲まれた住宅地に個性豊かな家がズラリと並び、まるでヨーロッパの街みたい!街を一望する絶景も魅力です。

DSC_0256

四季を感じながら家族で楽しく過ごしたり、自分の時間を満喫したり。住居からセカンドハウスまで、住む人の用途に合わせたライフスタイルが叶う森の街です。

ここ最近、セカンドハウスや週末住宅という暮らし方が注目されています。別荘よりも身近で気軽に住めるセカンドハウスは、富裕層だけでなく一般家庭の需要が増えてきているんだとか。今回紹介する物件も、セカンドハウスとして利用されていたもの。福岡市内で飲食店を経営していた多忙な女性オーナーが、週末の息抜きのためにそこで過ごしていたそうです。しかし徐々に家を利用する頻度が減ったことがキッカケで、家を新しい住人へ譲ることにしました。

2LDKの平屋1戸建て。なんと温泉付き!

物件を取り扱っているシーサイドリアルエステート(株)の坂口さんに、物件を案内していただきました。

DSC_0011

ーコンパクトだけど天井が高くて空間にゆとりがあり、のびのびできそうな家ですね!外から見るよりも広く見えます。

「間取りは18畳のリビングキッチンに加えて、半2階と半地下に5畳の部屋がそれぞれ1室あり、バストイレも完備。車は1台停められるスペースがあります。建売ではないので、内装は細かいところまでオーナーが注文して造れたそうです。だから木材など、資材には上質なものが使われていますよ。平成20年に建てられた物件で、女性が一人で住んでいたこともあり、とってもキレイです。」

DSC_0099

ー女性のオーナーさんということで、デザインも素敵で、使い勝手が良いように造られていますね。

「キッチンのカウンターなんかおしゃれですよね。それにキッチンには広々とした床下収納がついているところが特徴です!(人も入れます)この辺りは夏でも涼しいくらいなので、天然の冷蔵庫代わりに食材を保存することもできますよ。」

DSC_0058

DSC_0037

「半2階には天窓が付いていて明るい日差しが注ぎ、昼間は電気がいらないほど!夜はそこから星空が見えて、ロマンチックですよね~。」

DSC_0050

「天井にシーリングファンが付いているところも、海外のお家みたいで素敵だと思います。」

DSC_0124

「お庭にはオーナーさんの趣味で、土いじりが楽しめる段々畑が作られているんですよ。新しく住む方にも家庭菜園を楽しんでもらいたいと思っているはずです。」

DSC_0218

ー自然と共存する暮らしができて、とっても素敵です!他にどんな楽しみ方があるのでしょう?

「最大の特徴は、温泉付きであること!(※別途権利費用)ここ『雷山の森』では毎分220リットルで湧出する“雷山の湯”が各建物のバスルームに直接注がれるので、自宅で温泉浴を楽しむことができんですよ。透明で無味無臭の「アルカリ性単純温泉」の上質な湯が毎日楽しめるなんて、贅沢ですよね~。他には、山なので水が綺麗なところもポイントですね。各戸の蛇口からは、地下 200mから汲み上げられた深層地下水『雷山の水』が出てくるんです。弱アルカリ性でミネラルたっぷりの美味しい水なんですよ。」

ー温泉に天然水とは…なんとも贅沢!いいことづくめですね!

「ここは福岡の別荘地では一番レベルが高いと思っています。福岡市天神から車でおよそ30分と交通アクセスがいいので、通勤も可能な範囲。下に降りれば、『イオン福岡伊都ショッピングセンター』や全国的に有名になっている直売所『伊都菜彩』などの大きな施設が充実しているので、買い物にも便利です。『雷山ゴルフ倶楽部』が隣接しているので、いつでもゴルフを楽しめるとあり、セレブ層にも人気があります。」

DSC_0404

「セキュリティが万全であることもポイント。敷地内2カ所に管理ゲートが設置され、24時間365日体制でセキュリティ対応をしてくれるので、安心して暮らすことができるんですよ。」

家族の住まいから、週末を楽しむ住まいまで

ー自然に囲まれた環境にありつつも、福岡市から近くて便利。この家はどういう方に向いている家でしょう?

「ここの物件は、サイズ的なことを考えるとファミリー層というよりかはセカンドハウスとしての利用や、仕事を引退したシニア層の定住地に向いていると思います。未就学の小さなお子さんがいる若い夫婦にも良いかもしれませんね。車で通勤可能な方なら、充分仕事をしながらでも暮らせると思います。それとゴルフが好き!という方にとっては最高の場所だと思います(笑)。ゴルフ場がすぐ隣ですから。」

DSC_0298

ーメリットの多いところですが、デメリットや気をつけないといけないことがあれば、教えてください!

「環境的なことでは、冬には雪が積もることがあるようです。それとすぐに行けるコンビニや飲食店がないという点ではデメリットを感じるかもしれません。ただ、そこは車があればクリアできる問題かなと思います。そういうちょっとした不便さを、逆にメリットとして楽しむこともアリかと思います。」

取材時にはまだ、オーナーさんが使っていた家具や家電がそのままの状態に。買い手が決まって希望があれば、家具や家電を引き続き使えるかも…!(そこは、オーナーとの交渉で…)

こちらの半地下にある寝室にはシンプルなセミダブルサイズのベットがあります。

DSC_0068

こちらは天窓から星空の見える半2階スペース。
簡易なソファーベットもしくはハンモックでくつろぐのもありですね。

DSC_0132

やはり家具がシンプルでいいですね。
(交渉しないともったいないくらい)

お風呂やトイレ脱衣洗面所も統一感があって綺麗です。

DSC_0054

DSC_0057

上手く交渉が進めば、もうそのまま住めてしまうかも。

間取り図はこちらです。

スクリーンショット 2016-02-29 15.13.11

まずはお気軽に内見してみてはいかがでしょうか?

まとめ

DSC_0247

写真は家入り口の反対側から見える景色です。綺麗な山々と空気に毎日身体が癒されそうです。

・バス停もありますが車があった方が便利です。
・温泉使用権利代が別途240万円必要になります。

実際にこの物件に興味がある方は、下の問い合わせボタンをクリックして編集部までご連絡ください。
※福岡移住計画の物件紹介コーナーは、スタッフ目線で探してみたものを紹介しています。売買や賃貸の直接的なことは、専門の宅建業者(管理会社)にお繋ぎ致します。

この記事に関するお問合せはこちら

この記事が気に入ったら「いいね!」しよう。

Facebookページでは最新の情報をお届けします。

山本 佳世
福岡県福岡市出身。
「九州じゃらん」やペット雑誌「犬吉猫吉」の編集者を経て、フリーライターとして活動中。