九大連携プロジェクト

ニュース 住む

福岡移住者の住まいを考える。その1

2014.4.7  

『福岡移住者の住まいを考える。その1 古民家/空き家の再生・活用を研究する、九州大学・空き家プロジェクトと連携スタート』

福岡移住者を、具体的にサポートしていくために、まずは、住まい・しごと・くらしについて、考えていこうと思います。
まずは住まいについて。
東京などの都市圏からの移住者の希望として、福岡市内も多いのですが、糸島などの自然が豊かな地域を希望される方も多いです。

子育てを考えるにあたり、自然の近くでという理想を持たれる方は少なくないからです。

では具体的な、住まいはどうでしょう。私たちも移住する時に、最初糸島の古民家を探しました。庭で畑ができて、平屋で・・イメージはあるのですが、なかなか理想の物件は、流通していないのも事実です。地元からすると、思い入れや、先祖からの持ち物である、古民家をそう簡単には・・という思いもあるようです。

とはいえ、今後、高齢化が進んだ時に、これらの古民家はどうなっていくか・・・昔ながらの大工仕事や、梁や柱など、非常に良いものも残っていることも事実。

この状況を研究対象として、空家をリノベーション・再活用していく、プロジェクトがあります。九州大学の坂井猛先生率いる『空き家プロジェクト』です。

これから、移住者の相談を受け付けていくにあたり、空き家プロジェクトとの連携をスタートします。

まずは、現在すすめている、糸島のゲストハウスの改修の一部を、九州大学の学生たちと進めていきます。

これを機に、連携を少しずつ深め、空き家、古民家の活用を、移住者の住まいのひとつのオプションとして提供していければと考えています。

ぜひ、眠っている古民家の情報や、活用したい物件などの情報があれば、お寄せいただけると幸いです。

=============================

▼移住者のすまいのご希望、プロジェクトに賛同していただける、物件の情報があればお寄せください。

福岡移住計画事務局 古民家・空き家担当

info@fukuoka-ijyu.jp

▼九州大学空き家プロジェクト

https://sites.google.com/…/itoyaproject2…/purojekutonitsuite
九大連携プロジェクト この記事に関するお問合せはこちら

この記事が気に入ったら「いいね!」しよう。

Facebookページでは最新の情報をお届けします。

窪田 司
宮崎県えびの市出身。
雑誌「TURNS」、「九州ちくご元気計画」を経て、福岡移住計画の企画・運営を担当。