【求人】カイコで人の未来と安心をつくる仕事。福岡・九大発のバイオベンチャー

それぞれの専門性を活かして、カイコの新たな可能性を追求

#社員インタビュー
中武洋和さん マネージャー、生産担当 (宮崎出身、Jターン)
戸金悠さん マネージャー、新規事業開発担当、博士(農学)(神奈川出身、Iターン)
江崎啓一さん マネージャー、品質保証・製品開発担当 (福岡出身、Uターン)

次に、それぞれのキャリアを歩みUターンや移住をされ、KAICOで活躍される社員の3人に、入社の経緯、普段のお仕事や想い、ライフスタイルについてお伺いしました。

―皆さんのキャリアと入社の背景を教えてください。

中武:宮崎の高専で化学を学んだ後、京都の大学院でショウジョウバエの遺伝子組換えを研究して修士を取りました。兵庫の化学メーカーで5年ほど研究員をしていたのですが、宮崎に帰りたいと思って帰郷し、農業関係の事務職に従事。そんな中、KAICOで働いていた高校の同級生から、学んだことを生かせるから入社しないかと声をかけられて、2018年10月に入社しました。

―なじみのある分野だったのですね。

中武:タンパク質の発現や遺伝子組換えは経験があったのですが、カイコで作れるということは知らなくて、面白そうだなと思いました。地元の宮崎で安定した仕事に就いていたので少し考えたものの、研究職に戻れて給料も上がり、何より可能性のあるビジネスに魅力を感じました。入社後は生産担当として、大学や企業などから依頼された研究用試薬を作っています。

―戸金さんはどんなキャリアで入社されたのでしょう?

戸金:私は神奈川県で生まれ育ち、東京の大学院で農学の博士号を取った後、東京のベンチャー企業に就職。東京から大阪、熊本と転勤して、科学技術を軸に研究者や企業などのスタートアップや課題解決をサポートする仕事をしていました。KAICOを知ったのは、仕事でリサーチをしているとき。面白い会社だと思い、まだ箱崎にあった九大のキャンパスを訪ねて、大和さんに話を聞かせてもらっていました。
しばらく経って、大和さんから「仕事で熊本に行くので飲みませんか」と連絡をもらい、その際に会社に誘っていただきました。しばらく考えましたが、事業分野や会社の面白さ、可能性に魅かれ、そしてサポーターではなくプレイヤーとしてやってみようと思い、2020年5月に入社しました。

―ゆかりがない地への転職、そしてプレイヤーとしての仕事はすぐ馴染めましたか?

戸金:30代中頃までのほとんどを関東で過ごしましたが、大阪、熊本と引っ越すうちに地方の良さがあると思っているところだったので、土地勘のない福岡に引っ越すことに抵抗はありませんでした。
カイコを使ってタンパク質を作る研究開発に従事しています。前職では研究を支援する立場で、研究者としてはブランクがあったので、まずは九州大学の日下部先生の研究室に通って、いろいろ勉強させてもらいました。

―江崎さんが入社された経緯を教えてください。

江崎:私は福岡市出身で、九州大学の理学部生物学科を卒業して、熊本のワクチンメーカーで9年ほど主に品質管理の仕事をしていました。家庭の事情で福岡に戻らなければならず、福岡の人材紹介会社からKAICOをご紹介いただきました。自分のキャリアを生かせるし、虫を使ったワクチン開発は始まったばかりで、将来の可能性が大きいところに魅かれました。これまでは大企業の一員として働いていましたが、ベンチャーで新たな可能性にチャレンジするのも面白いと思い、2020年12月に入社しました。

―入社後はどんな仕事をされているのですか?

江崎:元々医薬品の開発が本業でしたが、入社後は研究、開発、品質管理などに携わったり、その他にも市場調査や、検査キットのパッケージデザインをしたりと、いろいろなことをしています。
現在は専門の知識を生かして、生産工場の立ち上げを担当しています。市の建物を特別に改装させてもらい、この4月に生産用の工場が完成します。カイコに打つウイルスを変えるだけで、同じ設備でいろいろな種類の製品を製造できます。ベースとなる設備が整うことで、会社としてはステージが一つ上がったと言えそうです。

―皆さん、仕事のやりがいはどんなところに感じますか?

中武:入社して数年でスタッフが増えて、いろんなことが起こって、次々と新しい世界が見えています。個人的にうれしいのは、タンパク質が取れた瞬間ですね。基本的には他の会社でできなかった難しい案件を、カイコを使えばできるかもしれないという発想で相談されるので、数か月のスパンでうまくいくときもそうでないときもあるんです。だからこそ、タンパク質が取れたときの喜びは格別です。

戸金:案件ごとにうまくいく・いかないはありますが、誰もやったことのない新しいことに取り組み、それが少しずつ前に進んでいくのはすごく面白くてワクワクします。手を動かす研究はもちろん、ビジネス面で新しい仕掛けをしていくことにも関心があるので、やりたいことができる今の環境はありがたいと思っています。

江崎:タンパク質を作りたいという方があらゆる業界にいて、前職に比べて、いろいろな方と話をする機会が増え、毎日が刺激的で充実しています。また、4月に工場が完成したので、これからの展開が楽しみです。

―福岡での暮らしの面はいかがでしょう?

戸金:オフィスの近くに住んでいて、住環境は最高です。海沿いをジョギングしたり、土日はバイクで糸島を回ったり阿蘇に行ったり。生活しやすく静かでのどかで、天神や博多にも電車で30分ほどの便利さ。通勤が車で5分というのもストレスフリーで、住み心地が本当にいいですね。

中武:私はまち中で遊びたいタイプではないので、ここでの生活に満足しています。最近、釣りを始めて、自分でさばいて食べています。

―皆さんのこれからのビジョンを聞かせてください。

中武:まずカイコを使った経口ワクチンを実現するというのが一番の目標です。あとは会社の上場というものを味わってみたいです。

戸金:変化のある刺激的な日々の中で、どんどんチャレンジングなことをしていきたいと考えています。カイコの技術をもとに、新しい世界を切り拓いていきたいです。

江崎:KAICOは大きな可能性を秘めた非常に面白いビジネスをしているのに、まだ広く知られていないことが残念です。こちらに入社して、近い分野で興味深いビジネスに取り組むベンチャーがたくさんあることを知りました。福岡に面白い会社が集まり、その中心的な存在になれるといいなと思っています。


九大発のベンチャーで、新しいことを自由にチャレンジできる職場

最後に今回のKAICOでの人材募集と、求める人物像について皆さんに伺いました。

大和:創業5年目になり、現在スタッフは10人になりました。いろいろなところからお声がけいただくようになり開発や案件も増えてきているため、バイオ系の知識を持った研究者や医薬品の開発経験がある方を採用したいと考えています。

―KAICOで働く魅力はなんでしょう?

大和:当社はベンチャーなので、業務範囲は専門性を活かせることだけにとどまりません。自分が興味のあることを探究したり事業化したり、思わぬ業務を担当してもらうこともあります。
例えば、ワクチンメーカーに勤めていた江崎くんは、抗体検査キットのパッケージをデザインしてくれました。また、社内ルールをカッチリ決めていないので、個人の事情に合わせて柔軟に自由に働くことができます。

江崎:業務範囲が広く、決まった仕事や働き方でないことにはじめは少し戸惑いましたが、慣れてくるとやれる範囲の広さや、社長からいろんな相談をしてもらいながらチャレンジできることが、面白いですね。パッケージデザインも当然初めての経験でしたが(笑)、自分が関わったものが世の中に出るとやっぱり嬉しく感じました。それもKAICOにいたからできたことだと感じます。

―今回の募集では、どんな人に来てほしいですか?

中武:研究職を募集しています。この会社には新しいことがあふれているので、最初から無理と思うことなく、とりあえずやってみて、その先を探っていけるような人に向いていると思います。どうにかやれる方向性を見つけて、一緒に進めていきたいですね。

戸金:今のメンバーはさまざまな得意分野を持ち寄って、ときに大変なことがあっても、同じ方向を見ながら楽しく仕事をしています。KAICOとしては、経口ワクチンを作るという大きな目標に向かっていて、実現するためには、技術はもちろん法的な壁も出てくるでしょう。
自分たちで筋道を作って突破していくことがここで働く醍醐味であり、そういうことに興味がある人にはエキサイティングな環境に違いありません。

大和:九州にはバイオ系の会社が少ないため、地元の大学でバイオを学んでも、就職で関東や関西などに出ていってしまいます。特にUターンで九州に戻りたい方や、出身地でなくても福岡に定住したい方に来てほしく、九州でバイオ系の仕事に就きたい人たちの選択肢としての役割も担っていきたいです。

あとがき
バイオ系のベンチャー企業ということで、勝手ながら難しいイメージを持って伺ったのですが、大和社長をはじめ社員の皆さんは、とても穏やかで自然体。職場の雰囲気の良さがとても魅力的だなと感じました。そしてKAICOの事業に関するお話も分かりやすく、よりよい未来のために皆さんがワクワクしながら挑戦されている様子に感銘を受けました。研究職募集となりますが、少しでも興味を持たれたら、まずは気軽に連絡してみてください。人生の新たなステージの幕開けかもしれませんよ。

(文:佐々木恵美 写真:小金丸和晃 編集:藤本和志)

企業名 KAICO株式会社
募集期間 随時
募集職種 研究・開発・生産
採用人数 若干名
雇用形態 正社員
勤務地 福岡市西区(福岡市産学連携センター内)
勤務時間 9~18時(休憩1時間含)
給与 経験・能力を考慮の上
福利厚生 社会保険完備(雇用、労災、健康、厚生年金)
休日休暇 土日祝日・年末年始休暇・夏季休暇
仕事内容 ・カイコを利用した組換えタンパク質の開発
・生産 ・医薬品原料他の品質保証・管理
・客先との共同研究取りまとめ
応募資格 バイオ系職種での実務経験者
選考プロセス STEP-1.当サイトへのお申込み
STEP-2.書類選考
STEP-3.面接
備考
1 2

"求人情報"の関連記事

keyboard_arrow_up