【+Wander】大分県竹田市/副業ライターがワーケーションに参加して得られた、これからの働き方と目に見えない価値とは?(後編)

+Wander(プラスワンダー)」とは、福岡移住計画が運営する、日本各地の共感する地域やスペースとの相互交流・利用のワーケーションプラットフォームです。その周辺に住むプレイヤーや地域資源を体感しながら、ワークとライフの境目を無くし、次の生き方や選択肢をつくっていきます。
この記事は「+Wander九州ツアー2020の第一回竹田市」に参加したライターの烏丸さんが感想を記事にしてくれましたのでご紹介します。

ワーケーションは大人だけのものじゃない。これからの暮らし方を考えるヒントを得るために。

前編(1日目)のおさらいもかねると、「ワーケーション」は、働き方を変えるため一つの手段だということは理解していたけど、場所を移動して、机を借りて仕事をするというイメージが良い意味で裏切られた。場所を移して日常の仕事をするだけでなく、その土地にある人や歴史、食との出会いを通して、自分の中にある好奇心に栄養を与える。そうすることで、日常の仕事の活力やアイディアにつながるのだ。この竹田市にはそんな私の好奇心のスイッチを押してくれるヒトやコトが沢山あった。

そして、まだ独身の私にとっては、これまた良いヒントになったのが、参加者のファミリーたち。「この時期に、これからの暮らしや子育てを改めて考えてみたい」というママさんや、学校が休みになってしまったので社会見学をしにという小学生連れの親子の真剣なまなざしはこれからの暮らし方を考える良いきっかけになった。ワーケーションは大人のものだけでなく、家族で実施するべきだという議論も出てきていることも知り、今回は家族向けの「竹田市ワーケーション」の視点でもレポートしてみようと思う。

(東京から移住してきた板村さんファミリー。福岡市に住んでいるが、もともとは、竹田市に住んでいたこともありこのツアーに参加。いずれは大自然の暮らしや子育て仕事を体現していきたいと語ってくれた)


(他拠点の暮らし方や、シェアハウスなどを事業としても推進している江頭さんファミリーとお友達のイラストレーターの浅上さん。現在は八女市に住む江頭さんだが、様々な場所に子どもを連れて行きそこで働く姿をお子さんに見せていきたいというパワフルママさん)


(小学校が休みになり、学校に行く代わりに社会を見せたいという福岡移住計画の須賀さんと一緒にツアーに参加した唯一の小学生。大斗君)

久住の山並みをバックにした雄大なキャンプ場がオフィスに変身!?大自然ワークで、身も心もリフレッシュ。

この日は、とても良く晴れていて、友永さんが「いいところで仕事をさせてあげるよ」と連れて行ってくれた先は・・。車に乗って、城下町を出て久住の山のほうへ。そっちは山しかないですよね・・と思いつつ、入っていった先はなんと「ボイボイキャンプ場」というキャンパーに人気のキャンプ場ではないか。

(ボイボイキャンプ場に到着。キャンパーにも大人気のキャンプ場。私のパートナーがよくキャンプをするのでここは知っていたけど竹田市にあることを知らない人は多いという)


(久住連山を一望できるキャンプ場。見よこの広大な景色を!!身も心も開放される)


(さあ、ここで仕事しようかーと。今回の案内役の友永さん)

最高のキャンプ場に到着して、管理棟兼カフェでそれぞれドリンクを注文し、各々にワークタイム。なんとWi-Fiも飛んでいるではないか。日本屈指ともいえる絶景のこのキャンプ場でドロップインってどんだけ贅沢なんだよ。普段は煮詰まったらカフェで仕事することが多かったけれども、この景色で文章を書けたら・・・。ライターの私の余白が増えまくって、小説でもかけそうな気持にもなってくる。


(家で子どもを見ながら仕事することが多いという板村さんは、子どもをあやしながら仕事をするのが本当に上手だった。こんな旦那さんならいいな・・。)


(小学生の大斗君は、テレワークならぬ、テレスクール。宿題を持ってきたり、この日に感じたことを絵にかいたりしていて関心した)


(こんな最高の場所で仕事ができるなんて・・と。Webクリエイターの霜田さんは1日目に引き続き黙々とワーク。どんな場所・状況でも仕事をするコツを聞いてみると慣れはあるけど、環境を楽しむ心が一番ですかねとクールに答えてくれた)

▷▷next page

竹田の暮らしをのぞく、ホームステイ&ワーク体験

1 2

"+WANDER"の関連記事

keyboard_arrow_up