【求人(IT特集)】映像技術で“楽しい”を生むプロ集団。「モンブラン・ピクチャーズ」で人材募集!

IT・クリエイティブ界隈の盛り上がりが注目を集める福岡市。福岡市へ進出する企業や福岡発で事業拡大していく企業も多く誕生し、さまざまなメディアでも取り上げられる一方で、人材不足は全国共通の課題でもあります。そこで年度内の特集シリーズとして、福岡市内のIT・クリエイティブ企業の求人情報を厳選してお届けします。

映画、CM、プロジェクションマッピングなど幅広いジャンルを手がける映像制作スタジオ、モンブラン・ピクチャーズ株式会社(以下、モンブラン)。2012年に劇場公開されたCGアニメーション映画『放課後ミッドナイターズ』は世界7ヵ国で上映され、国際映画祭でも賞を受賞するなど、海外でも高い評価を受けました。

案件数の増加に伴い、現在は特にCGアニメーターとプログラマーの人材を募集しているとのこと。プログラマーでテクニカルディレクターの吉田真也さんと、CGアニメを操る“モーショニスタ”の竹野智史さんにお話を伺いました。

“楽しい”を起点に発想する

――映画や絵本などオリジナル作品を生み出す一方、CMや展示映像などのクライアントワークも多く手がけられていますよね。幅広い事業に共通する貴社のコンセプトはどんなものでしょう?

吉田さん:会社のモットーは“STRIKE YOUR IMAGINATION”です。仕事って、何かしらの課題を解決することですよね。その解決方法にはいろいろありますが、僕らは映像などの技術を軸に「楽しい」という方向性で問題を解決していこうとしています。

――「楽しい」という方向性で問題を解決していく。その中で、吉田さんはどのようなお仕事をされていますか?

吉田さん:僕はテクニカルディレクター/プログラマーとして、インタラクティブ展示の制作を主に担当しています。たとえば福岡市科学館の展示コンテンツや、門司にある関門海峡ミュージアムの展示コンテンツなどを作りました。子どもも大人も、訪れた人が触って楽しんでいるうちに自然と知識も学べるような、体験型のコンテンツを作っています。

――なるほど、学び系の内容も「楽しい」がきっかけだと入りやすいですね。ちなみに、テクニカルディレクターとしてはどういった役割を担われているのでしょう?

吉田さん:体験型のものを作るときって、構想段階では「こんなことができたらいいな」と“夢”みたいなものを実現しようとすることが多いんです。その夢を「この技術とあの技術を組み合わせたら実現できるんじゃないか」と考え、設計していく。それがテクニカルディレクターの仕事ですね。

アニメーションは「観察」から始まる

――今回は特にCGアニメーターとプログラマーを募集されているということですが。まずはCGアニメーターについて、どんな方に来てほしいですか?

吉田さん:CGキャラクターアニメだけというよりは、幅広い興味やスキルを持っている人のほうが向いているかもしれません。実際にCGアニメーターとして働いている竹野さん、どうですか?

竹野さん:そうですね……。もちろん経験があるにこしたことはないですが、コツがくみ取れる方だったら経験がなくても「伸びる」ので、大丈夫だと思います。

――コツ。たとえばどういうことでしょう?

竹野さん:アニメーションって観察から始まるんです。例えば「重みを表現する」なら、その重さがかかったときの体の動きを観察して、筋肉や骨がどうなっているか、なぜその体勢になるのかを理解することが大切。だからその観察ができる人は成長が早いです。

――なるほど。ちなみに、CGアニメーターという仕事の醍醐味はどんなところにありますか?

竹野さん:僕はいつも「このキャラクターはこういう性格で、こんなときはこう動くんだろうな」と考えながら動きを組み立てていくので、その思い通りに動かせたときは嬉しいですね。制作初期段階の、まだキャラクターにアニメーションがついていない時って、「どんなふうにこれ動くのかな」って皆不安なんです(笑)。でもアニメがついてキャラクターに命が宿ると一気に「いける!」と思える。そこを担う役割なので、やりがいがあります。

――命を吹き込む。そのCGアニメーターとして働く上で、モンブランさんならではの魅力というのもありますか?

竹野さん:新人でも意見が通りやすい社風はありますね。土台となる大事な部分は共有した上で、あとは本人の裁量で自由にできるような環境です。それと、アニメーターもアニメーションだけでなく、その前後の工程に関われること。例えばキャラクターなら、まず形を作るモデリングという工程があり、それを動かすリギングという工程がある。いろいろな工程を経験すると、結果として自分のアニメーションにも活きてくるんです。

▷▷next page

その世界を、技術でどう実現するか?

1 2

"求人情報"の関連記事

keyboard_arrow_up