【求人(IT特集)】福岡発でグローバルへ急展開するヌーラボがエンジニアを募集!

IT・クリエイティブ界隈の盛り上がりが注目を集める福岡市。福岡市へ進出する企業や福岡発で事業拡大していく企業も多く誕生し、さまざまなメディアでも取り上げられる一方で、人材不足は全国共通の課題でもあります。そこで年度内の特集シリーズとして、福岡市内のIT・クリエイティブ企業の求人情報を厳選してお届けします。

チームで働くためのコラボレーションツール

ITクリエイターの移住・転職を支援する「福岡クリエイティブキャンプ」を福岡市が主催するなど、福岡のIT産業は大きな盛り上がりを見せています。そんな福岡のIT企業を代表する企業として真っ先に名前が挙がるのが、株式会社ヌーラボ(以下、ヌーラボ)です。チームで働く人たちのためのコラボレーションツールを開発・提供し、今やそのユーザーは国内のみならず、海外にも広がっています。そんなヌーラボが今回、新たに働く仲間を募集しています。会社の制度や採用について、同社の人事を担当する安立沙耶佳さんにお話を聞きました。

ーー改めてにはなりますが、ヌーラボの事業内容について教えていただけますでしょうか?

ヌーラボは、Backlog(バックログ)、Cacoo(カクー)、Typetalk(タイプトーク)の3つの自社サービスを開発・提供している会社です。それぞれ、Backlogはプロジェクト管理ツール、Cacooはビジュアルコラボレーションツール、Typetalkはビジネスチャットツールです。これらのツールを使うことで、チームで働く、つまりコラボレーションワークを楽しんでもらえたらと考えています。また本社は福岡ですが、国内には東京、京都に事務所があり、また海外にはニューヨークやアムステルダム、シンガポールに子会社を持っています。日本国内だけでなく、海外でもサービスを展開しており、サービスの海外ユーザーも年々増えている状況です。

ーー福岡本社内にも外国籍の方もいらっしゃるようで、本当にグローバルに展開されてますよね。そんな中、今回募集するのはどのような職種で、どのような仕事なのでしょうか?

まずはSREチームとして一緒に働ける仲間です。SREチームでは、システムの信頼性向上を目標としてサービスを運用しています。現在国内13名、さらに海外のスタッフらとともに業務を行っていますが、まだやりたいことがやりきれていません。よりサービス全体を安定させて、将来を見据えたサービスを改善していくために人員を強化しようとしています。
このSREチームで一緒に働いてくれるエンジニアを増やしたいと考えています。

ーーまさに事業拡大に伴い人手が不足しているということですね。SREチーム以外にも強化したい部門はありますか。

そうですね。そしてもうひとつ、海外のチームと一緒に、グロース施策を進めるエンジニアも求めています。自社サービスの一つである「Backlog」の海外向けユーザー獲得に取り組む開発チームで、メンバーを強化したいと考えています。もちろん福岡での勤務となり、週に一度、アムステルダムにいるほかのメンバーと一緒にTV会議を行いながら、業務を進めてもらいます。

ーー海外のメンバーと一緒にとなると、英語が話せないと難しいということでしょうか?

そこは本人次第と捉えています。英語がうまく話せなくても、「伝えたい」「コミュニケーションを取りたい」と思って話そうとするかどうかで、まったく変わってくると思っています。実際、英語が得意な状態で入社したメンバーは多くはなく、英語力を採用条件に含むこともありません。福利厚生の一環で、入社から2年間は英語学習手当が月に2万円支給されますが、全員がTOEICの点数を上げるために頑張っているわけでもありません。とはいえ、今回募集する職種に限らず、ヌーラボは英語を使う機会が多いので、海外のメンバーと話すときや社内連絡などは、すべて英語が基本となります。

ーー英語が苦手だからと物怖じすることなく、チャレンジしたいという姿勢と行動次第ということですね。では、会社として望んでいる人物像はどういったものになりますか。

そうですね…あえて決めておりません。「こうあるべき」と決めてしまうと、その枠の中だけで収まってしまうので。本当に求めるべきものは、その枠の外にこそあるんじゃないかって思うんです。実際に働いている人は、やっぱりモノづくりが好きだったり、コラボレーションというテーマに興味があったりすることが多いですね。

▲ヌーラボの行動指針

▷▷next page

楽に、自然体に働く

1 2

"求人情報"の関連記事

keyboard_arrow_up