【8月9日開催】はじめた人のはじめ方〜大企業からの転身編〜

私たち福岡移住計画が西日本鉄道さんと共同運営するシェアオフィス『HOOD天神』のテーマの一つは“はじめる”ということ。
私たちはココ(HOOD天神)が自分らしく何かをはじめる人のきっかけの場になればと考えています。
自分らしくはじめる人が増えれば、まちは面白くなり魅力にもつながると考えているからです。

魅力的なまちには、必ず素敵な人がいます。
その人たちが“はじめている”からこそ、私たちは惹き寄せられまち自体も魅力に感じるんだと思います。

『HOOD天神』では2年前に、そんなまちを素敵にする“はじめた人”を招いて、これから何かを“はじめたい”と感じている方をつなぐイベント「はじめた人のはじめ方」を開催しており、この度2年の月日を経て、「はじめた人のはじめ方」を復活、シリーズ化して展開していきます。

復刻版2回目となる今回のテーマは「大企業からの転身編」ということで、東京の大企業から転身し、現在は福岡(糸島)で活躍されているお二人をゲストにお迎えします。

お一人目は、現在糸島で学生寮やゲストハウスを運営しながら、場づくりを実践されている大堂良太さん。
お二人目は、糸島にて自治体と連携し地域の取り組みに携わりつつ、糸島で交流の場を作っている福島良治さん。
そして今回のモデレーターは、こちらも大企業から転身し、現在は福岡移住計画の不動産事業を担当している鎌苅竜也がお送りします!
         
・大企業からの転身
・東京から福岡へ移住
・地域に携わる仕事

そのきっかけや、実際にはじめた後の壁や楽しさなどを語っていただきます。
これから“はじめる”一歩を踏み出す皆さんにとって、ヒントが見つかりますように。

【ゲスト】
① 大堂良太氏
合同会社よかごつ代表
九州大学、同大学院卒業後、丸紅㈱に入社。グロービス経営大学院にて経営学修士(MBA)を取得。2017年4月、福岡県糸島市へ移住し、同市にて学生寮である「熱風寮 糸」「熱風寮 馬場」を開始。
今年の6月には「古民家ゲストハウス 糸結」もオープンし、糸島にて学生を中心に様々な人が集まる「場」を生み出している。
2019年7月より筑前前原にてコワーキングスペース「糸島よかとこラボ」をオープン予定。

②福島良治氏
神奈川県横浜市出身、3児の父。2015年3月に福岡県糸島市へIターン。移住に先立ち10年半勤めていた楽天株式会社を退職、フリーランスに。ネット通販を中心としたWEBマーケティングのサポートを行う傍ら、糸島在住コーディネーターとして、「ひと もの こと」
の繋ぎこみを行いながら、様々なプロジェクトにて活動中。
参加者数のべ1000人を越える地元民と移住者の交流会「いと会」を主催する他、屋外映画イベント「いとシネマ」やネギの収穫イベント「ねぎフェス」、筑前前原駅「駅ピアノ」PJなど。2019年からは新たに組織を2つ仲間とともに設立。
人の繋がりをベースに地域をより魅力的にする活動にギアをあげて取り組み中。

【モデレーター】
鎌苅竜也
株式会社スマートデザインアソシエーション(福岡移住計画)
大阪府出身。地方に身を置き、暮らしを充実させながら、自分の経験を活かした地方の課題解決や、地域で新しい生活や仕事をしようとする人や企業に最適な場を提供したいと考え、2016年4月に福岡へ移住し、九州を中心に各地で不動産の有効活用や仲介事業を展開。

◆開催日:8月9日(金)19時半~21時半 ※交流会含む
◆場所:HOOD天神
◆住所:福岡県福岡市中央区天神1丁目15−5 天神明治通りビル
◆入場料:2,000円 ワンドリンク付
◆定員:35名
◆お申し込み:こちらのfacebookイベントページの「参加ボタン」にて参加表明、もしくは下記のアドレス宛にお名前イベント名を明記の上、お申し込みください。
info@hood-tenjin.com

"福岡イベント"の関連記事

keyboard_arrow_up