大牟田に新たにオープンした『IN THE PAST』が目指す“過去と未来、人と人をつなぐ”場所。

福岡発の『PARMANENT』は2011年の東日本大震災をきっかけに「人間が生きる上で最も根源的な営みの1つである食べること」をメインテーマとし、全国のショップで販売されているリトル・プレスです。この『PARMANENT』を発行しているデザイン会社「This Design」のサダマツご夫妻が、妻・チカさんの故郷である大牟田に活動拠点を移し、新たに『IN THE PAST』という場を作られました。そのオープニングイベントにうかがいました。


西鉄新栄駅を下車し、人通りも疎らな商店街を進むと、そこに多くの人で賑わう『IN THE PAST』はありました。
“過去には”という意味の『IN THE PAST』。サダマツさんご夫妻の“過去の様々な出来事と経験を集積した時間”に出会った皆さんが、地元・大牟田をはじめ福岡市・熊本、遠くは海外からも老若男女、大勢の人々がこの場で交錯しています。

イベントに参加した地元大牟田の方から「ここにサダマツさんが来てくれて、そして大牟田の人だけじゃなくて、こうして外から来てくれる新たな人に出会える場ができて本当に嬉しいです」と話があがっていましたが、まさに会いに行きたくなる人がいるという事は、その町を訪れる動機になり、そしてまたそこで新たなつながりを生み出します。


※おもむろにカンニングペーパーを取り出し、オープニング挨拶をするサダマツさん。


チカさん:「地元である大牟田に戻ってきました。上に『コーヒーサロンはら』さんがあって、近くには『博多屋』があって。博多屋はこの夏中行ってます。(笑)。そしてここはオフィスでもあり、私たちの住まいでもあります。『PERMANENT』の活動、ワークショップやイベント、今日のような食にまつわる事、大勢の皆さんと共有出来る活動もして発信していきたいと思います」

*コーヒーサロンはら…同じビルの2階で、37年続く老舗喫茶店。店主・上野さんは約30年に渡り大牟田に日本フィルハーモニー交響楽団を招き続けている。
*博多屋…小代 瑞穂窯の陶芸家・福田るいさんが切り盛りする創業70年の夏期限定の老舗ビヤガーデン。

デザインという仕事柄、大都市圏での居住にこだわらず、故郷へUターンし新たな拠点をスタートさせた「This Design」。サダマツご夫妻の育てるこの場所は、過去と未来、そしてヒトとヒトをつなぐ大牟田の新たなハブになる。そんな予感がしています。これからの展望が楽しみな場所です。

【IN THE PAST】
https://www.facebook.com/STUDIO.INTHEPAST/?pnref=story
福岡県大牟田市本町1-2-19

"ニュース"の関連記事

関連記事はまだありません。
keyboard_arrow_up