ニュース ひと 地域情報

【お知らせ】移住して1年のスタッフ脇山が語る変化と大事なこととは。

2017.6.20  

「脇山さんいますか?」「脇山さん元気ですか?」「最近見ないんですけど。。」と一部のファン?のなかで騒がれている“脇山ロス”。こう言われるようになったのは、スタッフ脇山のメディア露出が減ったためだと思われる。特に最近言われることが多くなってきたので、この機会に福岡にUターン移住してストアカさんと当社の2社で“複業”というカタチで働く彼女に、移住して1年経った今の心境を改めて聞いてみました。
※久々に脇山の登場です。一部ファンの皆様お待たせしました。

−そもそも移住のきっかけは?

「これといったきっかけはないですが、いつか福岡に帰ろうと思ってました。自分が育った街は福岡だし、将来子どもを東京で育てるイメージが湧かなかったんです。どこでも言われていることですが、福岡は適度な距離感に自然も多くあって、なにより野性的に育ちそうだなと。タイミングに関して言うと東京での仕事を3年目処にとは考えてなかったけど、ぶっちゃけて言うと朝早く起きて遅くまで会社にいるというルーティーンや変わりばえしない環境などに愚痴っぽくなっていた自分に嫌気がさして環境を変えようと思ったのがきっかけかもしれません」

−移住を考えた時にまず何をしたの?

「やっぱり最初は仕事を探しましたね。東京での仕事は求人系の仕事で仕組みは知っていたので、そこだけには頼らず、ひたすらネットサーフィンで仕事を探してました。“福岡 おもしろい会社”とかで探してましたね。私にとってはその会社が求人をやっているかどうかは重要ではなくて、“どういう人たちがどういう想いで何をやっているのか”を見ていました。結構求人情報を出していなくても実は人手不足な会社は多くあるので、とにかく自分が面白そうだなと思ったところを探してましたね」

−それでタイミングよく「HOOD天神」やストアカさんとの出会いがあったわけね。

「そうですね。福岡移住計画には前に話を聞きに行っていて、そこからのつながりでHOOD天神オープニングイベントの手伝いをお願いされて、そのイベントでHOOD天神に入居したストアカと出会って、2社ともフルタイム雇用の段階ではないものの人員が欲しいタイミングだったので“複業”というカタチでお世話になることになりました」


※イベントの様子

−すごいタイミングだよね。

「そうですね。でも今思うと動いてみた結果だと思うんです。◯◯したいなーとか、◯◯になりたいとか、頭で思うことは簡単でいかに行動に移すかだと思うんです。この1年移住計画のメンバーとして関わってきてすごく感じますね。移住前はやっぱり収入とか人間関係とかリスクを考えたりしたんですけど、すでに福岡で暮らしている人たちは多くいて、絶対生活できないってことはないと思うんです。なんとかやれるもんです」

−たしかに行動しないと何も起こらないからね。移住してよかった?

「よかったですね。生活自体を楽しめるようになりましたね。些細なことですけど、ごはんを自分で作って食べるとか、地元なので家族イベントもできるようになりました。それとあんなに嫌いだった東京のことを受け入れられるようになりましたね。住んでいるときは人も情報も多すぎて疲れる、ずっと気を張っていないといけないという感覚だったんですけど、刺激も多くて何かを学ぶには東京の環境はいいなと思います。けど生活の拠点は福岡から離れたくないので、視点を東京や海外に広げていくことはしていきたいです」

−逆に移住して悪かったことってある?

「ないです!悪いところが見つからないですね。いまの生活に満足・・・いや、この感じがダメなのかもしれないです。いまに満足してしまっているので、もっと良くしていこうとか向上心が薄くなっているかもです。ぬるま湯に浸かっている感覚というか。成長スピードが遅くなるという感じ。もっと刺激をもらいながら自分を成長させたいです」

−仕事の面でまだまだ成長できてない?

「そうですね。ストアカでは先生の数が倍くらいなり、マルイさんや北九州市さんとの取り組みなども始まりましたがまだまだですね。HOOD天神でも入居者をもう少し増やしたいなという想いもありますが、HOOD天神の事務的な部分はアシスタントの方も新しく入ってきたので、そこはお任せしてもっと外に出て動いて行きたいなと思います」


−なるほど。では仕事を振りますね。

「ドンと来いって感じです!!!」

−脇山さんも移住を考えたときに仕事のことをいろいろと探したと思うけど、まだまだ魅力ある福岡の仕事を発掘・発信しきれていないから、求人メディア『飛梅』の担当をお任せしたいと思います。

−ただ注意して欲しいのは、掲載料(お金)がもらえるからとっいって、何でも数集めて載せればいいというのではなく、福岡にいる私たちだからこそ知る魅力ある仕事を発掘・発信したいと思っています。なので丁寧に話を聞いて丁寧に伝えるということを軸に考えて『飛梅』を成長させてください。

「おっ、、求人系は前職の経験もあるので任せてください。それに東京にいる友人にも福岡の求人情報について求められることも多いので。なんだかめっちゃ燃えてきました!!!」

−やる気に満ち溢れてて頼もしい。

「実はもう一つやる気に満ち溢れている“大事なこと”があって、、、」

−何でしょう?

「ストアカ福岡の2周年記念パーティーが今週23日(金)にHOOD天神で開催されます。この1年福岡でストアカの先生や生徒として素晴らしい活躍をされた方をご紹介&表彰する『ストアカ福岡AWARD 2017』や“おしえるを楽しく&学びを気軽に”というストアカのビジョンに共感いただける皆様、ストアカを知っている、興味がある、という方なら誰でも参加OKですので、是非ご参加ください」

\\イベント内容、お申込みはこちら//

※画像をクリックするとイベントページへ飛びます。

無理やり告知を入れるあたり、しっかりしてますね。(苦笑)
一部ファンの皆様、脇山は元気にやっています。今後は「HOOD天神」とストアカさんの業務に加え、『飛梅』関連でお世話になるかと思いますので、引き続きよろしくお願いいたします。

この記事が気に入ったら「いいね!」しよう。

Facebookページでは最新の情報をお届けします。

窪田 司
宮崎県えびの市出身。
雑誌「TURNS」、「九州ちくご元気計画」を経て、福岡移住計画の企画・運営を担当。