《応募多数につき一旦受付停止》【しごと】映画で人と人をつなぎよりよい世界をつくる「ユナイテッドピープル」がスタッフ募集!

0円キッチン』、『コスタリカの奇跡』などの映画で知られるユナイテッドピープルさんが一緒に働く仲間を募集するという情報が舞い込みました!
職場は福岡移住計画の本拠地でもある、福岡市西区今宿の海辺のシェアオフィス『SALT』。天神から電車で20分のJR今宿駅から海に向かって徒歩5分。対岸に能古島を臨む穏やかな海で夏はウィンドサーフィンやSUPをしながらミーティングもされるとか!潮風と波音を感じるオフィスで代表の関根さんとスタッフの岩切さんにお話を伺いました。

映画を通して人と人をつなぐ

−ユナイテッドピープル(以下、UP)はどのような会社ですか?

関根さん:「UPは人と人をつないで世界の問題を解決することをミッションに映画配給事業を行っています。特に市民上映会という市民が率先して映画を上映するスタイルを日本全国に広めています。映画は直接社会問題を解決することはできませんが、人を感動させることができます。その感動は人の原体験となって行動を変えることができます。UPは映画を一緒に見ることを提案し、市民上映会では数十人が一緒に見た後に映画の感想を話し合いディスカッションします。色々な考え方を知り、仲間が出来てくると今度は一緒にこういうことをやってみようと新しいプロジェクトや出会いがたくさん生まれます。世界の社会問題の解決方法を提示している映画を提供することによって、より良い未来や持続可能な社会や全ての人がより幸せを感じられる平和な社会を作っていきたいと思っています」

−UPは創業15周年ということで、続けてきて映画を見た方の変化などありますか?

関根さん:ユナイテッドピープル・シネマ(以下、UPシネマ)というプログラムの最初の契約者の方が仲間を増やして、上映のオーガナイザーの方々が東京に私を呼び企画をしてくれたり、そういう広がりも出てきています。より良い社会を作っていこうという共通テーマがあるので立場や組織などの境目なく関係性を築くことができ仲間になれます。これはUPのコンセプトでもあります。いつの間にか観客が上映者になり、その方々が提案してくださり、配給を決めた映画もあります」

※「SALT」での上映会の様子

−今回募集されるのはどんなお仕事ですか?必要スキルなどあれば教えてください。

関根さん:「基本的に事務が中心です。上映者さんへの映画の配給、請求管理、経理や映画の宣伝業務やイベント運営などを担当してくれる方を募集します。あとはご本人の希望も聞きながらになります」

岩切さん:「私の場合は、メールチェック、電話・問合せ対応、CINEMO会員の対応、発送業務、ホームページの編集、SNSへの投稿、イベントの準備片付け、あとは経理…何でもですね(笑)。スキルとしては、映画の買い付けは関根がやっていますが、世界各国の映画を配給しているので契約書も全部英語、映画も英語が多いし、資料も英語なので、英語ができたら便利だと思いますね」

−働く中で、どんな楽しみがありますか?

関根さん:「映画の口コミを見て色々な見方を発見できるのも楽しみですし、アンケートやブログの感想から上映者さんの声をまとめて紹介することも楽しみの一つだと思います。“健康に気をつけてください”という手紙や沖縄・西表島の上映者さんが黒糖を送ってきてくださったり(笑)、上映者さんが事務局を気遣ってくださることも嬉しいです」

岩切さん:「映画のレビューで映画を見て行動が変わったというコメントがあったり、そういう方が上映会を開いて発信してくれたり、こうやって広がっていくんだなと実感できたことです。あとは、映画を見た後に違う意見が出たとしても対話が出来上がっていくのを見るのは嬉しいです。考えて話すきっかけになるんだなというのがこの仕事の意義だと思います。
あと、働いている『SALT』の環境です。海が目の前でたまにSUPをしたりします。関根も私も本当はもっと遊びたい(笑)。でも意外にこういう時間にクリエィティブな発想が生まれるんだと思います。遊ぶことを大事にしたいという考えを関根は持っていていいなと思います。関根の生き方が勉強になります。こういう人がこういう映画を配給しているんだ、そういう生き方があるんだなと、関根の生き様をそばで見ているのも楽しいと思います。あとは、UPの映画が全て見られます。新作のイベントなどでは著名人や専門家の方と知り合えるのもメリットです」

※オフィス前の海でSUPミーティング

−辛いことや大変だなと思うことはありますか?

関根さん:「地味な数字の管理が多いですが、“より良い未来や社会のために”というその意義を理解し、どうしたらより良い上映会ができるかを想像しながら仕事に向かえるかどうか、それはご本人次第だと思います。自由度が高い社風なのでかなり個々の意思が反映されますし、ご本人からの提案が可能です」

岩切さん:「事務作業が苦手な人は辛いかもしれません。個人や団体にも配給しているので、上映物や宣材物のやりとりなど上映管理が細かいです。関根が飛び回っているので一人がちょっと寂しいと思う時はあるかな(笑)。あと劇場公開の前日にブルーレイが再生できなかった時があって大変だったんですけど、こういう突発的なトラブルに柔軟な対応ができると良いですね」

−どんな方に来て欲しいですか?

関根さん:「やっぱりUPのビジョンに共感していただける方に来ていただきたいです。手っ取り早いのはUPの映画を見ることですね。オンラインで見ることができますし、上映会も開催していますので映画を見て観客の方と交流することで実感できると思います。あとは、事務的なことでもよりよい社会を作るために一つ一つの業務がすごく大切です。社外も社内も分け隔てなくコミュニケーションが取れる方が良いですね」

岩切さん:「一般的に映画の配給会社は裏方ですが、UPは発信していく会社です。メッセージ性が強いドキュメンタリー映画が多く、人と人をつないで世界の問題を解決していくという目的と想いを持って行動していける人が良いですね。自分からどんどん提案していけて興味を持って取り組める人が良いです」

UPのこれからのビジョン

−これからやっていきたいことはありますか?

関根さん:「今回の募集の経緯はUPシネマを中心とした上映ネットワークを拡大させていくためにチームが必要になったからです。上映会の開催方法を各地で伝えていくセミナーの開催やUP以外の映画の上映経験がある方へのアプローチなど営業の役割も出てきます。来年から数年にかけて力をかけることの一つとしては教育機関への映画の普及です。全国の小中高大学の授業で映画を見せて学生たちが映画を見た後に議論するというスタイルを定着させていきたいです」

−UPで働いたらどんな暮らしが待っていますか?

岩切さん:「自分がどんな生活をしたいのか、自分の人生や暮らし方を考えるようになると思います。UPは映画を通して社会によりインパクトを与えられるような会社になっていくと思うので、良い環境でゆるりと一緒に頑張っていけたらいいなと思います。よく遊びよく働いていきましょう(笑)」

“UPの映画を3本見ると確実に行動が変わります。私たちの役割は映画をキッカケに一緒にどう社会を動かしていくかです”と海を眺めながら語る関根さん。
明日からの未来、社会、そして自然のために海辺のオフィスから世界を変えていきませんか?
皆様のご応募をお待ちしています!

会社名 ユナイテッドピープル株式会社
募集期間 決まり次第終了
募集職種 事務スタッフ
採用人数 1名
雇用形態 (1)正社員(3ヶ月間の試用期間あり)
(2)パート
勤務地 福岡県福岡市西区今宿駅前1-15-18-3F
勤務時間 (1)9:00-18:00(1:00の休憩あり)
(2)週3日、1日4時間程度~8時間(応相談)
給与 (1)18万円~ ※経験・能力に応じて決定
(2)時給900円~
福利厚生 社会保険完備、交通費全額支給
休日休暇 週休2日制(土・日)、祝日、年末年始休暇、GW休暇、夏季休暇、有給休暇、慶弔休暇
仕事内容 映画配給事業全般の事務や経理/キャンペーンやイベント企画等
応募資格 ・ユナイテッドピープルのミッションに共感される方
・社会課題解決に向けた思いやできれば行動の経験がある方
・できれば1作品でもユナイテッドピープルの映画を観た方
・エクセルが使え、パソコン操作や事務作業がこなせる方
・英語が出来る方を歓迎(必須ではない)
選考プロセス STEP-1.本サイトへお申込み
STEP-2.書類選考(履歴書(写真添付)/職務経歴書/自己PR文)
STEP-3.面接
備考 《求める人物像》
・明るく、様々な方とのコミュニケーションが好きな方
・障害やトラブルや何かしらの環境変化が発生しても柔軟に対応できる方

"求人情報"の関連記事

keyboard_arrow_up