1w9a6138

イベント 告知

糸島市で初開催『防災キャンプ』への参加者募集中!(23日締切り)〜楽しみ学ぶ防災への意識と対応力〜

2016.10.18  

糸島市初の『防災キャンプ』

2011年3月11日の東日本大震災、2016年4月14日の熊本・大分地震以降、災害時に自分の身は自分で守る『自助』と、共に助け合う『共助』の気運が高まっています。
熊本地震においては、アウトドアメーカーによるテントと寝具の無償提供があり、災害時におけるキャンピング技術が威力を発揮し、現在では全国各地で防災キャンプイベントが開催されています。

そんな中、糸島市で10月29日(土)に開催の『糸島くるくるマーケット』のプレイベントとして『防災キャンプ』が開催されます。

『糸島くるくるマーケット』はヒト、住まい、暮らし、コミュニティ、地域、環境など、糸島の資源を活用した糸島らしい循環型社会を目指すイベントです。

ご家庭で楽しまれているキャンプの延長線上に災害時の避難生活訓練を組み込むことが狙いで、あくまでも楽しみながら学ぶということを基本に開催されます。

1w9a6299

当日は糸島消防本部の消防士による『災害時の心がまえと家庭での備え』のトークのほか、ロープワーク、竹を使った簡易タープ作り、火山里山交流会による竹を使った食器作り体験なども行われます。

また、災害時避難生活で問題となるのが生活ゴミですが、2日間のテント(車中)泊生活で出たゴミの量をいかに抑えるかを競う『生活ゴミ減量トライアル』(仮称)も予定されています。

夜には志摩中央公園の屋根付きプロムナード内で、アウトドアやキャンピング、子育て、スポーツ、野菜作り、自分の特技や現在展開中の事業の話しなど何でもアリのアピールタイム(交流会)があります。

img_4740

このイベントは、自然災害や被災時の対応等の理解と、公共の場を避難所とする生活体験を通し、防災への意識を高め、日常生活や災害時に生かすための取り組みです。是非ご参加ください。

【内容】
災害時を想定し、炊事、テント泊または車中泊を行う。
講演やワークショップ等を通して、いざという時の自助の力と共助の連携を学び、地域防災力の向上を目指します。

【期日】
10月28日(金)13:00〜10月29日(土)15:00まで
※申込み締め切りは10月23日(日)
※雨天の場合は中止となります。
判断は当日6時に『糸島くるくるマーケット』HPでアップされます。
http://itokuru.jimdo.com/

【お申込み】
下記の専用フォームから必要事項をご登録いただきますと、
担当者より詳細をメールでお送りいたします。
↓    ↓    ↓
https://ssl.form-mailer.jp/fms/2d9c5f80464913

【会場】
志摩中央公園(糸島市志摩初1番地)

【催事】
①消防士の方から聞く防災のお話
②糸島市災害時協定の紹介
③ワークショップ

【参加費】
1サイト2,000円
(保険料含み、参加費の一部を災害支援金とする)
①テント泊 募集10組 5メートル四方
②車中泊  募集 5組 駐車場2区画分

【主催】糸島くるくるマーケット実行委員会
E-mail:itokuru@gmail.com

◎スケジュールと注意事項◎

【10月28日】
(13:00)受付開始(志摩中央公園、プロムナード西側)
(16:00)体験ワークショップ(竹箸作りなど)
講師:火山里山保全交流会(予定)
(17:00)開会式
糸島くるくるマーケット実行委員会 代表挨拶
注意事項 「防災キャンプを楽しむために」
参加者自己紹介
(17:30)災害時炊事ワークショップ(夕食づくり)
(19:30)消防士の方から聞くお話
『災害時の心がまえと家庭での備え』
(20:00)閉会式
(21:00)会場消灯 ※プロムナードは一部点灯

【10月29日】
(6:00)起床
(6:30)ラジオ体操
(7:00)朝食準備 各サイトにて
※9:30~15:00まで、会場は車の出入り禁止。
(15:00)チェックアウト

【入浴について】
「健康福祉センターふれあい」をご利用ください。
◎営業時間 12:00~18:00
◎料金 糸島市民 大人100円 小学生以下無料
市民以外 大人210円 小学生以下100円

【注意事項】
・ゴミはお持ち帰りください
・火気はカセットコンロやアウトドア用バーナーを使用
・調理・飲食に伴う残飯類は持ち帰る
・給水は一ヵ所のため、譲り合って使用する
・花火などは行わない
・炭や薪を使用しない
・大声や大音量の音を出さない
・車のエンジンをかけっぱなしにしない

この記事が気に入ったら「いいね!」しよう。

Facebookページでは最新の情報をお届けします。

窪田 司
宮崎県えびの市出身。
雑誌「TURNS」、「九州ちくご元気計画」を経て、福岡移住計画の企画・運営を担当。