dsc_1927

コミュニティ コラム

【コラム】地方の若者はなぜ東京に惹かれる?福岡では満たされないのか?そして感じたこと。

2016.10.14  

昨年の「地方創生」の流れから各地方自治体でそれぞれ面白い取り組みをするなど、ますます地方に目が向けられています。
一方で、10代後半〜20代頭の若い年代(特に学生年代)は“東京に行きたい”というニーズも多くあるようです。

ではなぜ東京に行きたいのか?

日々の取材などで話題に挙がったことを東京暮らしを経験した僕らの意見と一緒にまとめてみました。

◎東京ディズニーランド

意外かもしれませんが、よく話題に上がるのが『東京ディズニーランド』。ディズニーランドに近いのが羨ましいということで“東京に行きたい”という人も多いです。

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-10-13-19-18-30

⇒実際はそんなに何度も行くことはないと思うので、東京で毎月高い家賃を払い続けるより、LCCも充実してきていますし福岡に住んで飛行機代払って行った方が断然お得だと思います。

◎オシャレな場所(カフェ)

最先端の美味しい物オシャレな場所を求める人は多いです。
話題になるお店には1〜2時間待ちでも行きたいそうです。

img_4962

⇒1〜2時間待ちのお店は多くないですが、福岡にもオシャレなカフェはたくさんあります。
日本初上陸は東京になるかもしれませんが、いずれ福岡にも進出してくる可能性は高いです。

◎仕事

大、中、小に関わらず企業は東京に集中しているので、仕事を求めて東京に行きたいという方はやはり多いです。

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-10-13-19-20-00

⇒福岡にだってたくさん魅力的な仕事はあります。探し切れていない、発信出来ていないのだと思います。
ちなみに先日もご紹介した福岡市が取り組んでいるクリエイティブキャンプなんかは注目企業ばかりです。
仕事ありますよ。

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-10-05-14-55-56

◎ライブなどのエンタメ

ライブなど休日に楽しめるエンタメが多いため立地的にアクセスの良い東京を求めているようです。

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-10-13-19-20-48

⇒ライブ回数は圧倒的に東京が多いです。ただ福岡にも多くのアーティストが来ますし、毎回全アーティストライブに参加するわけではないと思うので、ディズニーランド同様にコスパを考えたら福岡暮らしで十分楽しめます。

◎芸能人に会えるかも

芸能事務所が集中しており“会えるかも”という期待を持って東京に憧れを持つ人も多いです。

img_5936

⇒しかし実際はなかなか会うことはなかったです。人も多いので見つけられないとう要因もあります。もちろん会えた時の喜びは嬉しいと思います。
ファンだから会えて嬉しいというのもあると思いますが、それは“なかなか会えない人に会えた”ということで喜びを感じているのではないでしょうか?
それならば、なかなか会えない確率でいうと福岡の方が高いので、会った時の喜びは福岡の方が大きいと思いますよ。

◎最先端の情報が集まっている

よく耳にするのは「最先端が集まっているから」。
そこに身を置き、刺激を得たいというのが東京行きの要因にもなっているようです。

img_6186

⇒日本の中枢は東京にあるので、そこに情報が集まるのは当然だと思います。ですが今はまずネットで情報を検索する時代になってきていると思いますので、そこは東京でなくても福岡でできます。

◎商業施設

同じように最先端のファッションや流行に触れたいということから東京に惹かれるそうです。

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-10-13-19-52-09

⇒複合商業施設が続々とオープンしている東京。建物の外観もオシャレでワクワクしますが、中に入っているテナントはほとんどが全国どこにでもありそうなところばかり。一部限定ショップはあると思いますが、今はネットで買える時代なのでわざわざ東京を選ぶ理由はないのかなとも思います。

◎都会にいる自分がかっこいいというイメージ

地方(田舎住み)ということに変にコンプレックスを持ち、“何もない”田舎から刺激を求めて都会に出たいという人が多いです。

img_5920

⇒人も多く周辺環境などがものすごいスピードで進化しているので、刺激になることは多いです。しかし地方だから刺激がないかというとそうでもなく、地方だからこそある刺激もたくさんあります。そこの魅力に惹かれて移住する方も増えています。

「刺激」というキーワード

こうして並べてみるとほとんどが「消費活動」ですね。
ということは地方に若者が「消費したい」と思えるコンテンツがあれば、そこに若者が目を向ける可能性が?

いや、、、

ただそういうことだけではないのかもしれません。
もう一つ浮かび上がってきたのは「刺激」というキーワード。

最初は今の時代「東京でないといけないことはない、福岡でも十分」ということを書こうかと思っていましたが、もしかしたら、10代には10代の20代には20代、30代は30代・・・それぞれの年代や育ってきた環境の違いで刺激の見つけ方・楽しみ方・感じ方は違うのかもしれません。
例えば、地方出身在住の10代からは「東京に行きたい」という声を多く聞きますが、東京出身在住の10代が積極的に「地方に行きたい」なんて声はなかなか聞かないですよね。
東京には10代を惹きつける「刺激」があるのだと思います。
同時に地方にも面白い「刺激」があると気づいた人たち(もう少しだけ上の若い年代の)が移住してきていると感じます。
(他にもいろいろと要因はあると思いますが)

その時々で好きな場所で“自分らしく”暮らし働ける時代が日常的にくれば、本質的に心が満たされる生活が送れるようになるかもしれません。

以下、告知です(笑)
福岡から新しい働き方を提案しております。

あなたの働きに[驚き]と[寄り道]を。
post-thum1

この記事が気に入ったら「いいね!」しよう。

Facebookページでは最新の情報をお届けします。

窪田 司
宮崎県えびの市出身。
雑誌「TURNS」、「九州ちくご元気計画」を経て、福岡移住計画の企画・運営を担当。