1W9A6798

コミュニティ しごと ひと

【その後のストーリー】移住してゲストハウス『満天の庭』で働き始めた八代さんに今の暮らしや働き、周辺環境や夢など聞いてきました。

2016.7.7  

旅が好きだから

2015年9月に飛梅で掲載した求人記事がきっかけで、福岡県久留米市田主丸町のゲストハウス『満天の庭』へ管理人として就職された八代和也さん。もうすぐ30歳の八代さんに、「今までのこと」、そして「これからのこと」を伺いました。

「ワーキングホリデーを利用して、スペインのホテルで働いたり、時間がとれれば他の国にも旅をして・・・という生活をしていました。海外を旅するのが好きなんです。色々な経験や感動、出会いといった様々な刺激を与えてくれる旅が大好きで。もともとは口下手だったりもするんですけど、色々な人と出会って、友達になってというのが本当に嬉しくてですね。現地ではホテルで仕事をしていました。」と、慣れない取材に照れながらお話をされる八代さん。

1W9A6535

―こちらの求人に「応募しよう!」と思われたきっかけは何だったのでしょう?

「えーっと・・・海外で暮らしてきて、旅も好きで日本にも時々帰ってはいたのですけれど、でも日本のことをあまり知らなくて。正直言うと、福岡県出身なのに、こっちにこういうところ福岡から1時間でこの大自然の中で暮らせる場所があるっていう事も知らなかったんです。でも、ずっと旅が好きで、色々なところに旅をしてきて、今度は、自分が日本でそういう旅を楽しんでもらえるゲストハウスが作れたらいいなぁとぼんやりと思ってまして。そんなタイミングでこの求人を見つけて、応募させてもらいました。」

旅を楽しむ、を支えたい

―前職と今は、それぞれどんなお仕事をされているのですか?

「スペインのホテルで3年、他にも少しずつ働いてきたんですが、ここと基本は一緒ですね。お客様が快適に過ごしてもらうための色々な事を。掃除洗濯、部屋を整えたり、チェックイン・チェックアウトをしたりとかですね。割と雑務も多いですよ。
でも、ここでは、もっとお客様に楽しんでもらえるように色々とやっていけたらいいなと考えてまして。ゆっくりしたい方はゆっくりと。アクティブに動きたい方にはそういうプランも提案できるように。だから、今の仕事はそういう事を色々と企画して、実行する事でもあるんです。部屋をゲストハウスとして使いやすいように改装したり。壁も何だか寂しい感じだったので、僕が旅行していた時に撮影した写真を飾ったりしています。」

1W9A6627

「この倉庫もそうですね。オーナーの田中さんにカフェを提案させてもらいました。地域の人もふらっと立ち寄ってもらえる、宿泊されたお客様もお茶や食事が出来るようなスペースに出来たらなと思ってます。その為に、ご近所の楢崎さん(求人記事にも登場されました!)にも協力して頂いて、近くの古民家を解体する時に出る古材を持ってきて、ここで取っておいたりしています。この古材、カフェの内装に活用しようと思っているんです。このあと、カフェの内装関係をお願いしようと思っている佐賀市諸富のいわい家具のデザイナーさんと打ち合わせの予定なんです。」

1W9A6521

―それでは、今はご自分のアイデアを具現化するのにすごくワクワクされている感じですね。今の仕事に就く前との違いって何かありますか?

「そうですね・・・部屋の改装にしても、カフェのオープンにしても、漠然と考えていた事を作り上げていける喜びはありますね。オーナーの田中さんが快諾してくれるので、ありがたいです。とは言え、普段は1人でこの施設の全てを管理しているので、日によっては、それこそ1日中雑務をして終わる日もあるんですけど。誰か来てくれ~って思ったりする事もあります(笑)。でも、やっぱりお客様に楽しんでもらえると嬉しいので、そこは一緒ですね。」

―「誰か~!」ですか(笑)。地域のお友達は増えていますか?

「そうですね~そこがなかなか。このあたりにいらっしゃるのが、自分よりも年上の方が多いので。あ、楢崎さん!楢崎さんにはお世話になってます。こちらのいわい家具の田中さん(下写真左)との出会いも、楢崎さんに連れられてというのがきっかけです。ありがたいです。でも、もっと地元の若い方とも知り合いになりたいなぁとは思っています。徐々に、ですね。」

1W9A6778

―若い方は少ないですか。じゃあこのカフェがそういう方々の集いの場にもなったらいいですね。
と、ここで楢崎さんからもメッセージが。

「そうよ、私はね、この人達に期待をしてるんですよ。ここが若い人も他所の人も集まってくれる場所になってくれたらね、もう本当に喜ばしい。それで一生懸命一緒にやってるんだよ。地元の人間はね、だんだん歳をとってきてるじゃないですか。地元んもんだけじゃあ、こげなこつはできんのよ。若い人が、自ら楽しんでやってくれにゃ!移住計画の人たちもね、一緒に宜しくお願いしときますよ!」

1W9A6558
*楢崎さん

―地元の方の強力なバックアップですね。では、八代さんは今後、どうされたいと考えていますか?

「旅が好きだから、これからも色々なところに旅はすると思います。けど、自分が旅する人たちを気持ち良く迎えていきたいとも思っています。ここで、そういうチャンスをいただけたので、頭の中で計画している事をコツコツと実現していきたいと思っています。うーん、やることはとにかくいっぱいありますね。頑張ります。」

シャイな笑顔で語る八代さん。それをパワフルな笑顔で支える、この田主丸の地をこよなく愛す楢崎さん。八代さんのプランを快く汲み取っているオーナー・田中さん。年代の違うお三方が周囲の方々を巻き込んで、これから「満天の庭」でどんな化学変化を起こすのか・・・何だかワクワク、楽しみです!

1W9A6798 のコピー

【満天の庭】
http://www.manten-no-niwa.jp
〒839-1214
福岡県久留米市田主丸地徳2213-1
TEL:080-3996-2840 この記事に関するお問合せはこちら

この記事が気に入ったら「いいね!」しよう。

Facebookページでは最新の情報をお届けします。

高木 亜希子
千葉県出身。
うきは市浮羽町で自然卵の養鶏を営む【ゆむたファーム】の嫁。また【あきこ商店】として筑後地方の食に関わるヒト・モノ・コトを伝える活動をしている。