DSC_0442

しごと

【飛梅より】ビンテージビルの再生から、まちの再生へ。福岡のリノベを牽引する、新しい力を求む!

2016.2.9  

〝ビンテージビル〟にスポットライトを

博多駅南の『山王マンション』、川端商店街裏手の『冷泉荘』は、福岡のリノベーション文化を牽引したともいえるシンボル的存在。

古さゆえの持ち味を活かした空間の魅力もさることながら、入居者によるコミュニティが渦巻くエネルギーとなってさらなる人を呼び、〝リノベーション〟というひとつのムーブメントを巻き起こしました。この言葉がまだ新しかった時代において、福岡でその価値や可能性を、強烈に印象づけた事例です。

スクリーンショット 2016-02-04 15.19.49

これらの物件を手がけたのが、『株式会社スペースRデザイン』。
全国でも先駆けてリノベーション事業に着手し、・・・

◎続きは『飛梅』にて公開中↓↓↓

http://www.tobiume.org/2393

この記事に関するお問合せはこちら

この記事が気に入ったら「いいね!」しよう。

Facebookページでは最新の情報をお届けします。

藤井 優子
山口県下関市出身。
福岡でタウン誌の編集を経て、フリーライターに。主に暮らしや結婚などライフスタイルにまつわる媒体に携わる。糸島市HPにてコラム「糸島くらし」、福岡R不動産サイト「移住者インタビュー」などを連載。