DSC_2359

住む

『福岡移住不動産 VOL.7』【久留米市田主丸町】なんと建物2棟!さらにトラクター&ソーラー発電付き!久留米の古民家で有機農業生活を楽しむ。※農地法制限あり。売買2,280万円!

2015.11.2  

福岡移住不動産とは、物件と間取り図が大好物な編集部のメンバーが、移住者目線で、私たちが自らこれは住んでみたい!と思える物件及び、移住者の可能性を拡張してくれるお家を厳選取材し、お伝えするコーナーです。


憧れの古民家で農業を。

今物件の所在地は福岡県久留米市田主丸町。田主丸はぶどうや柿など果樹生産が盛んな町として有名です。そんな田主丸で元々有機農業を営んでいたオーナーさんがニュージーランドに移住するとのことで買い手を募集しております。

早速伺ってきました!
まず目に飛び込んできたのは、手前に広がる大きな畑と二つ並んだ建物、そしてソーラーパネル。今回はこれらすべてがセットになって付いてきます。

DSC_2301

右の古民家物件ともう一つは左側にある洋風造りの建物です。

最初に拝見したのは平屋建ての古民家。
(椅子とテーブルからのんびり食事する風景が浮かびます。)

DSC_2359-1

(目の前で採れたばかりの野菜や果物を超新鮮なまま食べれるなんて羨ましいです。)


中は梁がむき出しの昔ながらの造りのままです。
(木はやはり暖かみがありますね。)

DSC_2313

居間の畳の風合いがまた落ち着きます。

DSC_2314

そしてこの物件で一番気に入ったのがこの洗面スペース。
タイル張りで造りは古いですが、かえってそういうところが、どこか可愛らしく優しさも感じます。

DSC_2328

十分広いので、お子さんと並んで朝を迎えるのもいいですね。

◎ミニ妄想劇場◎
(設定:歯磨き中の小学1年生の男の子と父親)

父:もうすぐ運動会だなー。
子:今日は体育の授業で徒競走の練習するんだー。
父:おっ!そうかー。運動会楽しみにしてるぞー。

(このような会話が出てきそうで微笑ましいです。)

まだお部屋はありますが、撮影時は片づけられていない荷物もあったため、その他は是非内見されてみてください。

1階にはなんと!

隣の建物は1階が倉庫となっており、2階が居住スペースです。

DSC_2360

まずは2階ですが、オーナーさんの息子さん夫婦が美容室を営んでいたということで、洋風のオシャレな造りになっています。

DSC_2371

壁も白い木製板にビンテージ加工が施されています。

2階から眺められる景色は南側、北側ともに広大な景色が広がり最高です!

DSC_2365

DSC_2364

南側には畑と耳納連山、北側にも自然豊かな景色が広がっています。空気が最高に気持ちいいです。

この建物には他にもお部屋があり、和室もあります。

DSC_2379

そして1階部分は倉庫になっているのですが、
そこにはなんと立派なトラクターが!!!

DSC_2387

トラクターに隠れていますが、後ろにも様々な耕具が揃っております。

このような機械もあります。

DSC_2384

これら全てがこの物件に付いてきます!
トラクターを1台購入するだけでも軽く3桁は必要ではないでしょうか。

さらに冒頭でも記載したようにソーラー発電も付いてきます。
様々揃った環境で農業ができるのが今回の物件です。
この日も立派なナスや柿など多くの野菜果物が生っていました。

DSC_2399

是非、久留米市田主丸町で農業いかがでしょうか?

全体の間取り図はこのような感じです。

田主丸間取り図

間取り図ではわかりにくいですが、古民家ともう1件の倉庫兼住居の建物は通路でつながっております。
2世帯で暮らすという選択肢もありだと思います。

まとめ

DSC_2408

※写真は撮影日に庭に生っていた柿です。

今回の物件は、一つのハードルとして農地法3条及び5条許可が必要になります。詳しくは下記HPをご確認ください。

▽久留米市役所HP「農地の売買・賃借について」
http://www.city.kurume.fukuoka.jp/1070sangyou/2020nourin/3100nougyouiinkai/2009-1022-0822-389.html

http://www.city.kurume.fukuoka.jp/1070sangyou/2020nourin/3100nougyouiinkai/2009-1021-1621-389.html

・上記URLの条件がクリアできれば農業をする上で最高の環境が整っています。
・白い建物にはお風呂がないため、通路を使い古民家側のお風呂の利用になります。

実際この物件に興味がある方は、下の問い合わせボタンをクリックして、編集部までご連絡ください。
※内見も受け付けております。

この記事に関するお問合せはこちら

この記事が気に入ったら「いいね!」しよう。

Facebookページでは最新の情報をお届けします。

窪田 司
宮崎県えびの市出身。
雑誌「TURNS」、「九州ちくご元気計画」を経て、福岡移住計画の企画・運営を担当。