brianreport800

ブライアンレポート

【ブライアンレポート始動!】海外出身だからこその視点で福岡をレポートします。初回は移住と仕事環境について。

2015.10.30  

このコーナーは福岡移住計画のメンバーでアメリカ出身のブライアンが、福岡に来て感じたモノ・コト、そして自身の暮らしをグローバル目線で発信していくコーナーです。

日本人では気付かなかった新たな視点での福岡の魅力が見えてくると思います。是非原文のままご覧ください。
※日本語訳は原文により近いニュアンス程度になります。
※翻訳補助:高口渓(インターン)


Fukuoka Living

“How’s FUK?” is the most common message I receive from my friends. My reply is always, “It’s FUKing great!” The airport code for Fukuoka airport is abbreviated as FUK, which is too fun a acronym to ignore. It took a span of no more than 24 hours of visiting Fukuoka earlier this year to make me quit my job in Tokyo, say goodbye to my friends, grab all my stuff and move to Fukuoka within a month of that visit.

I knew little about Kyushu before moving here. I heard about Kumamoto city (only because of their mascot Kumamon) and Nagasaki city (WWII) but other than that I was woefully ignorant. A close friend of mine was talking about moving to Kyushu around the same time I was visiting Kyushu. They suggested I visit Fukuoka, in particular a shared-office (SALT: West End Fukuoka Share Office) that was looking for creative freelancers and startups to rent their space.

A short train ride from the bustling city center and I arrived at the small countryside station of Imajuku, located right on the coast. I walked to the shared office and upon setting foot inside the wide open office overlooking the bay, I immediately knew I wanted to work there.

“How’s FUK?”(福岡はどう?) というメッセージがアメリカの友達から届く。僕はいつも”It’s FUKing great!”(福岡はサイコー!)と答える。福岡空港の空港コードがFUKUOKAを略した「FUK」。(英語の*fuckという単語と似ていて)あまりにも面白くてつい使っちゃう。
僕は今年、たった24時間、福岡を訪れただけで、1ヶ月も経たないうちに東京の仕事辞め、友達にサヨナラして、すべての荷物を持って福岡に移住してきた。
*fuckingで「とても」「すごく」「超」という俗語

引っ越す前、九州のことは何も知らなかった。くまモンの熊本市、原爆の被害を受けた長崎市のことは聞いたことがあったけど、ほんとそれだけ。
そんな僕が九州に旅行してたときに、仲のいい友達がちょうど九州に引っ越したいという連絡をしてきた。そして福岡を勧めてくれた。特に*SALTを。そこはクリエイティブな人やスタートアップの人を募集していた。
SALTに行くために福岡の中心街から、海辺にある小さい田舎町、今宿に電車で向かった。わりと近かった。そして、SALTに入ったとたん、目の前には海が広がっていた・・・。僕はここで絶対働きたい!と思った。

*SALT…福岡市今宿の海を目の前に、福岡でしかできない自然×都市共生型の働き方・スタートアップ拠点を目指して福岡移住計画がプロデュースしたシェアオフィス。

ソルト

I have lived in big cities most of my life, the notion of working on the beach was only something I saw in Corona beer ads. For the price I was paying in Tokyo rent alone, I could live and cover all my expenses in Fukuoka. Walking around the city, I cannot express how genuinely floored by how big and vibrant the city was. It all began to click for me at that moment; big city, beach life, and half the price of Tokyo.

I met the “Fukuoka Migration Project” members at the SALT shared office, and they helped me move from Tokyo to Fukuoka within a month of leaving my previous company. My quick hop-skip-jump to Fukuoka was a relatively painless affair and probably the best decision I have ever made. I’m now writing this post from the very same beach I saw several months ago; I’d say, “That is FUKing great!”

僕は人生のほとんどを都会で過ごしたので、ビーチで仕事をするというのはコロナビールの広告でしか見たことがなかった。福岡は東京の家賃と同じ価格で、生活費を全部カバーできる。しかし、福岡の中心街を散歩すると大きくて活気があって驚いた。そこでピンときた。大きな街、ビーチでの暮らし、両方が東京の生活費でできる。

SALTで出会った「福岡移住計画」のメンバーは、僕が東京から福岡に移住する手助けをしてくれた。福岡に移住するという僕の決断は今までで一番いいものだったのではないかと思う。

そして。僕は今、この記事をその数ヶ月前に一目惚れしたビーチを見ながら書いている。
“That is FUKing great!”(福岡サイコー!)


IMG_7687-1

この記事が気に入ったら「いいね!」しよう。

Facebookページでは最新の情報をお届けします。

Brian Reyes
アメリカのニューヨーク出身のシティーボーイ。
1998年から日本に来て、2015年5月に福岡に一目ぼれして7月に引っ越しました。福岡移住計画のグローバル展開を企画しています。