DSC_0039

しごと

【飛梅より】ただいま全国から注目のリゾートアイランド・糸島で人気沸騰中!『またいちの塩』で塩づくりに懸けてみよう。

2015.10.14  

注目を浴びる“またいちの塩”

福岡市の西隣に位置する糸島市が注目を浴びるようになって、10年ほどになるでしょうか。

今では全国放送のテレビや雑誌で頻繁に取り上げられ、休日には市外・県外からの観光客が大勢訪れ、また東京など全国から移住してくる人々も後を絶ちません。
そんな人々を惹きつけつづけているのが、糸島半島の西の突端でつくられる“またいちの塩”。
筑前前原駅から車に乗り、冬場にはカキ小屋が並ぶ船越湾や引津湾を越えて海岸沿いの道を走ること30分。別荘や民家が途絶えた先に製塩所『工房とったん』はあります。

DSC_0254

「人が住んでいる家から離れていれば、それだけきれいな海水があります。塩の味は・・・・・

◎続きは『飛梅』にて公開中↓↓↓

http://www.tobiume.org/2097


この記事に関するお問合せはこちら

この記事が気に入ったら「いいね!」しよう。

Facebookページでは最新の情報をお届けします。

深水 央
福岡県出身。
1998年から、フリーランスのライター/エディターとして活動中。2015年3月に、東京から糸島市に移住。執筆するジャンルは幅広く、「ゆりかごから墓場まで」をカバーする。趣味はサッカー、野球等のスポーツ観戦。最近は糸島を自転車でIngressして回る日々。