DSC_2370

しごと

【しごと】九州大手・西日本新聞グループのWEB制作会社で、システムエンジニアとプログラマーを募集!

2015.9.24  

つくるだけではなく、ソリューションする会社へ

九州最大の発行部数を誇る西日本新聞社。同グループのWEBや映像など、デジタル部門を一手に引き受けているのが、西日本新聞メディアラボです。

グループからWEBサイトの業務移管を受けたことを機会に、つくる会社からソリューションする会社へ。この春、大きな変革を遂げたばかりです。今回お話を伺ったのは、代表取締役社長の吉村康祐さん。

DSC_2233

「わたしたちは、ニュースサイトの『西日本新聞ウェブ』や、女性向けのライフスタイルWEBマガジン『ファンファン福岡』などを制作・運営をしている会社です。以前は、グループ会社の委託を受けて制作のみを行っていたのですが、2015年4月からWEBメディアそのものを当社が保有することになりました。出来上がったメディアをどう活用していくのか、また、これからどんな新しいメディアを生み出していくのか。ソリューションする制作会社として、フェーズが変わったという風に感じていますね。グループ外に対して、コーポレートアイデンティティを明確にするために、社名変更も行いました。これから、行政・民間問わず、デジタルの領域でビジネスを拡大していきたいと思っています。」

会社の歴史の中では、第2創業期にあたるところ。ビジネス拡大に伴い業務量が増える一方、リソース不足が課題です。“優秀な人材の確保と、体制強化が急務!”と吉村さん。

-今回は、自社メディアや外部ホームページの制作にあたる、システムエンジニアとプログラマーの募集ということですが?

「はい。配属はコンテンツ制作部という、現在20名あまりのメンバーが活躍しているチームです。業務は、WEBの設計から開発、運用まで。それらを一貫して行ってもらうことになります。たとえば、既存の自社メディアなら、実際に運用しながら、ページビューを上げるための施策をしたり、WEB広告で収益を上げることを考えたり。自社メディア以外にも、学校や病院などさまざまなジャンルのホームページを手がけていますが、それもページが出来上がったあとに、どう運用していくかというところまで想定して、設計・開発を行います。作業を一貫して行ってほしいのは、作り手自信が、ページを見る人・使う人の目線になって、クオリティを高めてほしいから。実際、企業から依頼されるホームページのほとんどでは、WEBの専門知識がなくても、お客さま自身が情報を更新したり、簡単な修正をしたりできる、CMS(コンテンツマネジメントシステム)の構築が必須です。」

DSC_2298

-ホームページを“つくるだけ”なら、誰でも、無料でつくれる時代。制作会社としては、より細かなニーズに対応することや、マーケティングを踏まえた提案などが求められそうですね。

「そうですね。今、重要視されているのは、コンテンツの量と質。たとえば、ファッション関連の通販ページをつくるとしますよね。これまでは、商品の写真と説明だけでよかったのに、今は、コーディネート例や着まわし術なんかも、あわせて紹介しないといけない。化粧品のページなら、使い方や使い心地など…。インターネットやスマホの普及で情報が溢れる中で、サービスを提供する側は購買の後押しになるようなコンテンツ、仕掛けが必要になってきます。それに、ウェブ検索のルールも変わりつつあり、Googleでは記事の量や質に比例して、上位表示される仕組みに変わっています。Googleとしては、確かな情報をヒットさせることで検索エンジンとしてのクオリティを保つということなのですが、サイト運営側は、よりコンテンツの充実に注力しないといけなくなりました。こういった背景もあり、弊社ではウェブ上の記事や映像などのコンテンツ制作に力を入れています。」

仕事の機会を創出して、九州を元気に!



ソリューションする制作会社の取り組みとして、昨年の夏には『九州お仕事モール』という新事業をスタート。オンラインで仕事が受発注できるクラウドソーシングサービスで、業界国内最大手・ランサーズと事業提携した取り組みです。いわば、九州特化型のクラウドソーシングサービス。

九州お仕事モール

「われわれは、福岡・九州に本社を置く会社として、東京に仕事もお金も一極集中するような動きを見直していきたい。地方に住んでいる方が全国から仕事を受注し、地方の企業が全国のワーカーリソースを活用できる、受発注の場所を選ばないクラウドソーシングは地方だからこそ生きる仕組みです。それに、九州は人材も豊富です。このサービスを通して、柔軟な働き方や、仕事機会の創出を浸透させていくことができれば、エリア全体の活性化にも繋がっていきます。これは地域の新聞社グループとしても、大変意義のある取り組みだと思っています。」

西日本新聞メディアラボの新社名ロゴも、『九州お仕事モール』で募集したんだとか!コンペ方式で、報酬は10万円。2週間の応募期間で、200件近いデザイン案が集まったそう。

「全国各地から、たくさんの方に応募していただいて…。採用案は、全社員で投票して選びました。実際に利用してみて、一層、このクラウドソーシングという仕組みに可能性を感じましたね。『九州お仕事モール』では、こういったロゴ制作などデザイン系の案件以外にも、webの記事を書く案件など、さまざまなお仕事が集まっています。最近は、短時間で取り組める単発のお仕事が人気。女性の人口が多いのも九州の特徴なので、フルタイムで働くことができない子育て世代の女性にも、機会創出の場として使ってもらえたらいいなと思っています。」


―今後、取り組んでいきたいと思っていることは?

「まずは、西日本新聞社が持っている情報のデジタル化をどんどん進めていきたいです。経済面を電子化した『qBiz』や、スポーツのコンテンツが読める『西スポ電子版』など、すでに取り掛かっているジャンルもあるのですが、これらに掲載されている情報も、新聞で取材した内容のほんの一部。われわれのグループは、新聞をつくるために九州各県に取材する人がいて、日々生の情報を集めています。

DSC_2319

しかし、紙の購読者は高齢化する一方。集めたニュースをどうしたらより多くの人に届けられるかということを、デジタル部門として考えなければなりません。構想段階ですが、西日本新聞が取材した情報を網羅するような、新しいニュースメディアをつくりたいと思っているんです。今回、応募してきてくれる人が、こういった新しい取り組みにも挑戦したい、面白そうだ、と思ってくれる人だったら嬉しいですね。」

オフィスは、天神のど真ん中!
月末の恒例行事は、ピザパーティ!?


メディアラボのオフィスがある西日本新聞会館は、天神のメインストリート渡辺通沿いにあります。ランチに外出するにも、仕事帰りに買い物するにも、ここなら徒歩圏内。

DSC_2379

「福岡の魅力といえば、街のコンパクトさですが、オフィスがある天神は、それをいろんな局面で実感できる場所。会社の周りには、駅も商業施設も飲食店もすべてそろっています。住むのに適したエリアも近いので、通勤時間は、地下鉄でも自転車でも徒歩でも、30分圏内という感覚が当たり前。職・住が近いと、移動時間が少ない分自由な時間が持てるので、プライベートを楽しんでいるスタッフも多いように思いますね。」


―働いているメンバーは、どんな方々ですか?


「みんな朗らかで、チームの雰囲気も大変和やかです。お昼は、そろってランチに行く姿をよく見かけますね。会社周辺は、ランチのネタに困らないみたいで(笑)。あと、マラソン好きが結構います。今度、会社のチームでリレーマラソンに参加するんですよ。ちなみに、わたしも参加します。こうして話していてあらためて思いましたが…みんな、仲がいいですね。毎月月末には、誕生日会もします。ランチにピザを14、15枚くらいとって、その月の誕生日の人を祝うんです。小さなチームとはいえ、この4月からは急激に業務が拡大し、組織もそれなりに大きくなってきました。月に一回くらいは、全員で交流できる機会がほしいということで始めたんですが、いい恒例行事になっていますね。これからも続けていきたいなと思ってます。…ただ、そろそろピザは飽きたなってのは、あるんですけど(笑)」

DSC_2267

新聞社グループというブランド力のある土壌と、和やかな社風に活かされながらweb制作に携わりたい方は、ぜひ応募を。入社月が誕生月だったら、ピザパーティで歓迎してもらえるかもしれません。

株式会社西日本新聞メディアラボ
募集期間 ~10月24日(土)
採用人数 2名
募集職種 システムエンジニア/プログラマー
雇用形態 正社員
勤務地 福岡県福岡市中央区天神1丁目4番1号 西日本新聞会館13階
※転勤なし 西鉄大牟田線「西鉄福岡(天神)駅」より徒歩1分
勤務時間 9:30~18:00(休憩1h)
給与 180,000円~+諸手当
※年齢・経験・能力を考慮の上優遇致します
福利厚生 昇給・賞与あり交通費あり(上限あり)
社会保険完備
休暇(年末年始、夏季)、年次有給休暇、産前産後休暇
育児休暇、慶弔休暇、介護休暇
服装自由
セントラルウェルネスクラブ天神ソラリア 利用料割引
英会話教室
デュアルディスプレイ完備
外部研修・セミナー受講(西日本新聞グループの制度)
休日休暇 週休二日制(土曜、日曜)、祝日
仕事内容 WEBアプリケーションの構築(設計・開発・運用)/サーバー構築など
応募資格 WEB開発・サーバー保守の実務経験者(1年以上)
選考プロセス STEP-1.本サイトへお申込み
STEP-2.書類選考
STEP-3.一次面接
STEP-4.二次面接
備考 【選考基準】
※Ruby on Railsの言語スキル(優遇)
※LAMP環境での開発経験(優遇)
(あれば活かせる経験)
・Frameworkでの開発経験
・クラウド・サーバー・データベース構築の経験
・WEB制作やコンテンツ制作の経験

【求める人物像】
社内では30代前半の社員が多く活躍中です。
「新しいWEBサービスやコンテンツを立ち上げたい」
「切磋琢磨しながらスキルアップしていきたい」
と自ら手を挙げて意欲的に取り組める方を歓迎致します。


西日本新聞メディアラボへのご応募

ご応募は下記の「この記事に関するお問い合せはこちら」から、
メッセージ本文中に
・電話番号
・住所
・性別
・年齢
をご記入の上、福岡移住計画までご応募お願い致します。

選考の上、西日本新聞メディアラボよりご連絡します。
尚、送付頂いた個人情報などは採用選考にのみ使用します。

〈注意事項〉
・ご応募いただいたメールアドレス宛に確認メールを返信します。
・返信がなければ再度メールアドレスをご確認の上ご応募ください。 この記事に関するお問合せはこちら

この記事が気に入ったら「いいね!」しよう。

Facebookページでは最新の情報をお届けします。

藤井 優子
山口県下関市出身。
福岡でタウン誌の編集を経て、フリーライターに。主に暮らしや結婚などライフスタイルにまつわる媒体に携わる。糸島市HPにてコラム「糸島くらし」、福岡R不動産サイト「移住者インタビュー」などを連載。