九大キャンパス

イベント ニュース

FUKUOKAコミュニティレビュー vol1 古民家を改装した場で、ITのワークショップ開催。

2014.4.7  

『FUKUOKAコミュニティレビュー vol1  九州大学移転先の福岡市西区元岡地区。古民家を改装した場で、ITのワークショップ開催。』

現在、九州大学は、現在糸島にほど近い、福岡市西区元岡地区に、日本最大となるキャンパスを建設中なのはご存知ですか?

今後数年かけて、全学部がこの伊都キャンパスに集約されるそうです。

この西区元岡地区に、九州大学の学生たちと、地元元岡商工会が共同で、地域を盛り上げている、『がやがや門』があります。

見ての通り、築100年近い古民家を、九州大学の空家プロジェクトが改装し、見事に、地域や学生たちが集まる場として蘇らせたものです。(現在、地元の、お母さんたちが毎日日替わりで提供する日替わりカフェなどが、開催中。)

先日、この『がやがや門』で、GMOペパボのスタッフの 万野潤二さんが、がやがや門としては初となる、学生や地域の人たちに向けて、『WORDPRESSのワークショップ』を開きました。

学生や、地域の人たちが、誰でもホームページを作れるようにと、万野さん。日曜日のワークショップにも関わらず、学生や、地域の人々が参加し、熱心に耳を傾けていました。

福岡では、こうした有志によって開かれ、気軽に参加できる素敵なワークショップや勉強会が、頻繁に開催され、横のつながりが増えていくのを感じます。

さらに、こうした古民家を改装したような場所で、世代を超えたツナガリが生まれているのも、特徴的ではないかと思います。

気になった方は、ぜひ、元岡地区へ遊びに行ってみてください。

(こういう福岡にある”場”がどんどんAirbnbなどで開かれていくと面白くなりそうですね。)

=======================

がやがや門WEBサイト
http://gayagayamon.jimdo.com/

GMOペパボ
http://pepabo.com/company/vision/

九州大学空家プロジェクト
https://sites.google.com/site/itoyaproject2011/
九大キャンパス

この記事が気に入ったら「いいね!」しよう。

Facebookページでは最新の情報をお届けします。

窪田 司
宮崎県えびの市出身。
雑誌「TURNS」、「九州ちくご元気計画」を経て、福岡移住計画の企画・運営を担当。